ブログ

脳梗塞 半身麻痺からのウォーキング ①

トップアスリートや、速く歩きたい!っと方だけなく

 

講習会に参加されたことのある整形外科の先生に勧められて

パーソナルウォーキングジムに受講を始めた女性の最初のウォーキングフォームです。

心臓病手術を経て、脳梗塞を併発し、左半身麻痺になり

リハビリ後にも、しりもちで脊柱管狭窄症になる。

そんな経歴ですが、人生を謳歌すべく、新しい自分に出会う挑戦を始めました。

 

得意分野は競技スポーツですが、その競技スポーツでのノウハウは

社会に役立ってこそ、競技スポーツの価値が高まると思っています。

 

難しいことや、無理をするわけでなく

出来ることに少しずつ気がつき、

その繰り返しが新たに出来ることを生む、

それは選手が普通に選手としてレベルアップしていくのと、実は同じことなのです。

歩幅が小さく、左足に体重が乗らないので、右手の杖で身体を支え

右足で左足を前に出して、歩いています。

 

安全第一で、例え歩みは遅くとも、

「ウォーキングって楽しい!」

っと思ってもらえるように、サポートしていきたいと思います

Follow me!

関連記事

  1. ロボットからウォーキングを学ぶ
  2. 理学療法とスポーツの融合 後編
  3. 腕振りが苦手な職種
  4. ウォーキング のパフォーマンスが寒くて落ちる。対策としてシンプル…
  5. 痛みから知ろう!
  6. 血圧を下げる、骨密度を上げる そのためにウォーキングは非常に効果…
  7. ウォーキング 湿度対策で持っていきたいもの
  8. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!HP表紙写真から探…
PAGE TOP