ブログ

「ゆっくり走りたいけいど走れない…」への回答

故障で2か月程度、走れなかった方が

ようやく走れるようになってきました。

 

患部への負担が大きくならないように

走りの効率化を図っていったら、表題のような質問が。。。

 

患部に負担が掛からないように、

ゆっくり走りたいのに、フォームの効率化がなされてゆっくり走れない

っと(苦笑)

 

回答はそんな難しいことではありません。

結論から言うと、「ピッチ(回転数)を遅くすること」

です。

歩幅を短くしようとすると、反って蹴りの力が強くなり

歩幅が短くならないパターンの方が多いので

まずは腕振りのリズムをゆっくりして上げる。

 

そのことを意識しましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 74才で27㎞トレイルラン、制限時間より1時間早くゴール! 目的…
  2. 山手線ナイトウォーキング 無事にゴールしました。
  3. 9割女性参加者にみる、女性の強さと美しさ
  4. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  5. フォームの左右差を無くすコツ
  6. 急激な気温の低下が疲労を生む理由
  7. ウォーキングで長い距離に挑戦したくなる必然
  8. 競歩のモーションキャプチャーから分かること② 押す力の重要性
PAGE TOP