ブログ

「ゆっくり走りたいけいど走れない…」への回答

故障で2か月程度、走れなかった方が

ようやく走れるようになってきました。

 

患部への負担が大きくならないように

走りの効率化を図っていったら、表題のような質問が。。。

 

患部に負担が掛からないように、

ゆっくり走りたいのに、フォームの効率化がなされてゆっくり走れない

っと(苦笑)

 

回答はそんな難しいことではありません。

結論から言うと、「ピッチ(回転数)を遅くすること」

です。

歩幅を短くしようとすると、反って蹴りの力が強くなり

歩幅が短くならないパターンの方が多いので

まずは腕振りのリズムをゆっくりして上げる。

 

そのことを意識しましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 冬の通勤など私服でダイエット目的のウォーキングするときに、ちょっ…
  2. パーキンソン病 しかし、諏訪湖1周ウォーキング達成
  3. 暑い時期になり始めたからこそ ウォーキングすべきです!
  4. WEB雑誌の取材依頼の折り合いがつかなかったことに想う
  5. 講習会in大阪は「台風」で中止。楽しみにしていた方が多く、残念。…
  6. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  7. 山手線1周ウォーキングスタイル
  8. 競歩式ランで走っているパーソナル受講者が医者から言われたこと
PAGE TOP