ブログ

皆さんがウォーキング・ランで頑張ることは誰かを励ますということなのです

現役時代にある国際大会に出ました。

優勝を狙っていたのに、惜敗で2位。。。

正直酷く落ち込みました。

 

そんなときに、友人からメールが届きました。

内容としては、

新聞に名前が載っていたのを見て嬉しかった!

最近事故をして落ち込んでいたけど、名前を新聞で見つけて元気が出た!!!

という内容でした。

 

本人的には、酷い結果で落ち込んでいたのですが

国際大会だったので全国紙にも名前が載り

それを見た友人が元気づけられた。

 

酷い結果だったけど、それが誰かを励ます。

 

ちゃんと一つ一つの試合に向き合い

頑張らないといけない!

自分にとってどんな結果であろうがなかろうが、

それが誰かの励みになる。

っと、思うに充分なメールでした。

 

今の時代、皆さんの結果はネットで誰もが見れる時代

その結果が「誰か」を励ましているかもしれない。

そんな誰かを励ます皆さんを手助けできる、

そんなサイトでありたいと思っています。

Follow me!

関連記事

  1. 実は試合に出る選手と初心者では、技術的に大きな差は無い、という気…
  2. ネット環境が未だ整わず…そしてちょっと予告
  3. 速く歩くことの効能
  4. 山手線の新たな企画
  5. まだまだ募集中 UWTT
  6. スタミナを生み出す理屈
  7. 時差ボケは、まったくなし
  8. 足を前に出す意識をもってウォーキングをすると疲れる理由
PAGE TOP