ブログ

ウォーキング 競歩で片脚に重心をしっかりと載せると起こる現象

ウォーキングでも、競歩でも

しっかりと一歩に載ることを「aruku技術」として

いつも指導しています。

 

一歩にしっかりと載ることが出来れば、

必ず体重を乗せた側の骨盤は上に上がります。

それを感じることが出来ない、ということは

一歩に載れていない、ということです。

 

うまくに一歩に載れていない、と感じる場合は

膝が曲がっている、というのが原因です。

 

歩かずに立ったままで、膝をしっかりと伸ばして

交互に体重を載せると重心を載せた側の骨盤があがり、

リラックスした側の膝は前に出ます。

この状態は、膝を伸ばしておこなうとまず起きません。

 

歩いて体重が一歩に載る感覚が掴めない方は

その場で足踏みをするように、立ったままで体重を左右に載せる

そこから始めることをおススメします

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング や 競歩 でフォームを意識して修正することが、どん…
  2. 値段が高いシューズほど靴底の減りが早い理由
  3. ウォーキングのスピードを上げる為に、意識したのはピッチ。結果、時…
  4. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキングしてい…
  5. 競歩の歩き方 74才女性でも綺麗な競歩で歩けます
  6. ウォーキングで太もも前を使わない!、意識出来ますか?
  7. 競歩選手の100㎞10時間切りを、100㎞ウォーカーはどう参考に…
  8. ウォーキングは寒さに弱く、ペースが落ちる。効果的な対策は?
PAGE TOP