ブログ

ウォーキング・競歩・ランで慣性の法則を使って身体を使うために必要なこと

糸に五円玉を付けて、吊るします。

五円玉の振り幅を広げようとするときに

皆さんにはどうしますか?

 

多くの方は、前後に振ると思います。

少なくとも上下に振る、という方はいないでしょう。

慣性に任せて前後に振るのであれば、なおさらです。

 

ウォーキング・競歩・ランでもなど、前に進む為に

慣性の力を使おうとするのであれば、五円玉と同じく

前後に身体を使う、ということが大事です。

少なくとも上下ではありません。

 

では、どうやって慣性の動作のために身体を使うか?

 

それが骨盤なのです。

骨盤を前後で前後の動作を生むことで、脚はリラックスさせおけば

五円玉の慣性の法則が生まれ、脚が楽に使えるのです。

 

上下ではありません

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 履いて試してみれば分かります。マラソンで厚底ブームですが、ウォー…
  2. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキングしてい…
  3. YouTubeで競歩を見るときに注意すべきポイント
  4. 100kmウォーク 練習会に講師で参加してきました@塩谷
  5. 膝が痛い!という方に、タイプにもよりますが試してもらいたい歩き方…
  6. 練習嫌いなパーソナル受講者が教えてくれた、スポーツを楽しむ本質。…
  7. 一般的なウォーカーは膝を伸ばすのが苦手ですが、伸ばした方がメリッ…
  8. 遅いほどキツイのが100㎞ウォーキング
PAGE TOP