ブログ

ウォーキング・競歩・ランで慣性の法則を使って身体を使うために必要なこと

糸に五円玉を付けて、吊るします。

五円玉の振り幅を広げようとするときに

皆さんにはどうしますか?

 

多くの方は、前後に振ると思います。

少なくとも上下に振る、という方はいないでしょう。

慣性に任せて前後に振るのであれば、なおさらです。

 

ウォーキング・競歩・ランでもなど、前に進む為に

慣性の力を使おうとするのであれば、五円玉と同じく

前後に身体を使う、ということが大事です。

少なくとも上下ではありません。

 

では、どうやって慣性の動作のために身体を使うか?

 

それが骨盤なのです。

骨盤を前後で前後の動作を生むことで、脚はリラックスさせおけば

五円玉の慣性の法則が生まれ、脚が楽に使えるのです。

 

上下ではありません

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 時速7㎞を心拍数100前後でウォーキング
  2. ウォーキングを向上させるトレーニング方法④ ゆっくりウォーキング…
  3. 競歩選手の100㎞10時間切りを、100㎞ウォーカーはどう参考に…
  4. 速く歩く一番シンプルな方法
  5. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  6. 暑いからこそ、気を付けなければいけないこと
  7. 競歩 の ウォーキング ドリルトレーニング① 骨盤 に柔軟性向上…
  8. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
PAGE TOP