ブログ

ウォーキング 競歩で 膝を伸ばす方が良い理由と、気を付け方

膝を曲げて歩くは

ウォーキングでは、そんなに問題は無いのですが

競歩の場合だと、問題なのが「膝曲がり」

ベントニーという競歩の2つしかないルールに抵触するので

膝が曲がったままだと、ゴールできません。

 

ウォーキングでも、着地の瞬間に深く膝が曲がることは

前に進む力にブレーキを掛けることになるので、

着地の瞬間に膝が深く曲がるのはおススメできません。

 

この膝曲がりには、いろいろな原因があるのですが

まず1つあるのは、「速く足を、《膝下で》引こうとする」です。

 

振出したときは膝が伸びているのだけど、速く蹴りの動作に入ろうとして

膝下が曲がってしまう、というパターン。

 

そういう場合は、まずはゆっくり歩いて、膝下がリードして後ろに蹴ろうとするのではなく

蹴りのタイミングをもう少し待って、着地して体重が乗った瞬間に、

お尻と太ももの裏側で後ろに引く、ということが大事です。

 

足にしっかりと乗り込む。

膝が曲がると着地した足に重心が乗り込める感じが分からないので

良く分かると思います。

 

膝を伸ばすには、まずはゆっくり正確に!、それが基本です。

Follow me!

関連記事

  1. 雨の日のウォーキング対策 【リライト版】
  2. 勝利至上主義の本質ってなんだろう。。。
  3. 子供と競歩VSラン対決してきました!
  4. パーソナルウォーキングジム 変形膝関節症の女性ですが20㎞
  5. 骨粗鬆症 にとって本当に効果がある ウォーキング 方法を検査結果…
  6. WEB雑誌の取材依頼の折り合いがつかなかったことに想う
  7. 競歩 ウォーキングは技術種目だからこそ、誰もが苦労する「フォーム…
  8. 走る中国の競歩選手へ。強い選手か、弱い選手かの前に、「プライド」…
PAGE TOP