ブログ

足の長さは左右同じではありません

整体や接骨院で、「足の長さが左右違います」

って言われる方は多いと思います。

 

計測したことが無い方も、おそらく両足を引っ張ってもらって

かかとを揃えると、左右長さがおそらく違うでしょう。

自分だけが長さが違う、っと思う人が多いようですが、

そんな事はありません。

ほとんどの人が左右の長さが違います。

 

子供のころからよっぽど。「足を組まない」「立つ足が常に均等」

っと気を付けてなければ、まず左右の長さは違います。

 

足の長さが違えば左右の歩幅も変わり、脚への負担も左右差が出ます。

 

一時的ですが、股関節多き旋回を内回り外回りと何回も繰り返せば

長さはもとに戻ります。

つまり、股関節の柔軟性のが長さを変えていると言っていいでしょう。

 

1‐2㎝くらいは、変わるものなので、整体や接骨院の方の言う事に

一喜一憂することなく、股関節の柔軟(ストレッチ)をしっかりと行ってください

 

Follow me!

関連記事

  1. 1年の計は元旦にあり!
  2. 37度の東京から雨のロンドン 世界陸上ロンドン2017 解説日記…
  3. 山手線の新たな企画
  4. 100kmウォーク 吐き気対策のはなし
  5. 疲れました。。。 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑦
  6. 情報が溢れる世の中での情報の価値とは?
  7. ドーピングしてませんか?の続き
  8. 選手は、コーチの名声を高めるための道具ではない
PAGE TOP