ブログ

肘を曲げたウォーキングで初心者がつい失敗してしまう事

ウォーキングで「肘を曲げて振る」は

ピッチも上がりやすくなり、スピードを出して歩くためには

必要不可欠な方法です。

 

ですが、ウォーキングを通常行っている方は

あまり腕を曲げて歩く習慣がないので、どうしても戸惑うようです。

そして、どうしても肩に力が入り、

ピッチを上げるはずが、腕を速く振ることが目的となり

下半身と上半身がかみ合わない、ってことが多く起こります

 

一番、やってしまう失敗は「太鼓叩き腕振り」

 

前に腕を振ったときは肘は曲がっているけど

後ろに引いた時は、肘は伸びている。

たまにblogでも書きますが、この肘を曲げ伸ばし腕振りを

してしまう方は多く存在し、そして自分でそのことに気が付けない

っという方も、多くいます。

 

上下のリズムが生まれる、この太鼓叩き腕振りには、初心者の方はぜひ気を付けて下さい。

Follow me!

関連記事

  1. 疲れました。。。 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑦
  2. アップダウンしかないコースでテン8(10㎞で時速8㎞歩く)を達成…
  3. ウォーキング・ランで個々に合った情報をどう手に入れるか?
  4. 運動生理学者の嘆き
  5. ウォーキング 競歩 大阪講習会の会場 大阪城公園 を選んだ理由
  6. 変形膝関節症 でしていい ウォーキングの距離・速度・頻度の要因
  7. ウォーキング プロとアマチュアの境目とは?
  8. 世界競歩チーム選手権(2018年) 50㎞競歩 勝因の解説と20…
PAGE TOP