ブログ

肘を曲げたウォーキングで初心者がつい失敗してしまう事

ウォーキングで「肘を曲げて振る」は

ピッチも上がりやすくなり、スピードを出して歩くためには

必要不可欠な方法です。

 

ですが、ウォーキングを通常行っている方は

あまり腕を曲げて歩く習慣がないので、どうしても戸惑うようです。

そして、どうしても肩に力が入り、

ピッチを上げるはずが、腕を速く振ることが目的となり

下半身と上半身がかみ合わない、ってことが多く起こります

 

一番、やってしまう失敗は「太鼓叩き腕振り」

 

前に腕を振ったときは肘は曲がっているけど

後ろに引いた時は、肘は伸びている。

たまにblogでも書きますが、この肘を曲げ伸ばし腕振りを

してしまう方は多く存在し、そして自分でそのことに気が付けない

っという方も、多くいます。

 

上下のリズムが生まれる、この太鼓叩き腕振りには、初心者の方はぜひ気を付けて下さい。

Follow me!

関連記事

  1. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 スタート前編
  2. 肌寒くなってきた、この時期にまずは軽いウォンドブレーカーを揃えよ…
  3. ウォーキング・競歩・ランで慣性の法則を使って身体を使うために必要…
  4. 動画で片麻痺の方から学ぶ、障害の無い方もぜひ意識したい、ウォーキ…
  5. 冬の通勤など私服でダイエット目的のウォーキングするときに、ちょっ…
  6. ウォーキング 初心者でもベテランでも 坂を上るときにしたい腕の振…
  7. しおや100㎞ウォーク 男女で1位
  8. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
PAGE TOP