ブログ

ウォーキング や 競歩で左右のバランスが悪い時に確認すべきこと

ウォーキングをしていたり、競歩練習をしていると

左右の脚にバランスよく、重心が載せれていない

もしくは、

頭の位置が大きく左右に振れてしまって進み難い

なんて事がある、という方はいるでしょう。

 

その時に、何が原因で左右のバランスが悪いか?考えたときに

まず修正すべきは、腕振りです。

 

例えば、、右腕はまっすぐ腕を振り、左腕はやや横に振る

っという状態になると、重心は左に寄ります。

左の腕が横に振ることで遠心力が生まれ、そこに重心が引っ張られるからです。

 

例えば、右腕は抱えるように腕を振り、左腕は腕を下げて振っていると。

当然、腕の振り幅は左腕の方が大きくなります。

そうなると、腕振りとは反対の脚、右足の歩幅は多きくなるので

(腕の振り幅と足幅は必ず連動するので)

左右の歩幅が変わってしまい、右足に立っている時間が長くなり

左右のバランスが崩れます。

 

左右のバランスが悪い時、腕振りを気を付けてみて下さい。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ネガティブスプリット ポジティブスプリット
  2. 晴れの国おかやま100㎞ウォーキング大会 完歩! 
  3. 1度の講習会で覚えるのは… 効果的に動作を身に付けるには?
  4. ウォーキング初級者・中級者が、ウォーキングを評価するのに最適なイ…
  5. 陸王に想う ② そもそも…
  6. 競歩講習会in外苑 2018年6月開催!!やります!!!
  7. ランの後でも、太ももの前が筋肉痛にならない方法
  8. 競歩 ( フォーム動画)が 体幹 のトレーニング になり、柔軟に…
PAGE TOP