ブログ

50km競歩にもスピード化を呼びこんだ大会となった、2019年日本選手権50km競歩

日本選手権50km競歩が無事に終わりました。

今回は、外国人チームのアテンドだったので

非常に気疲れしました

っと言っても、これからまだ彼らを

のと空港まで送り、一緒に羽田まで行かないといけないので

まだ、完全には終わってませんが…

 

大会としては、鈴木選手が50kmでも日本記録を更新し

20-50kmと両方の日本記録を保持することになりました!

これは凄い事です。

走ると比較すれば、5000mの選手がマラソンでも日本記録を出した、という感じです

 

その彼の強さの秘密は独特のフォームです

真似しようにも簡単には出来ません

脚が低く、滑るように脚を運びます

 

上下動がまったく無く、身体が滑るように前に進みます。

少し肩を引く感じで歩くのも独特です

 

これで、50kmも一気にスピード化が加速しました。

20kmと50kmの垣根が一段と下がった感じです。

鈴木選手だけでなく、2位になった川野選手も

先日の能美大会20km競歩で1時間17分台で歩いた

「大学生」

 

日本競歩の劇的なレベルアップを象徴する

今回の大会でした。

Follow me!

関連記事

  1. びわ湖100km挑戦ウォーカーから、結果報告メール、ウォーキング…
  2. 競歩(ウォーキング)で、フォームの答え合わせしてますか?
  3. 競歩 世界陸上ロンドン放送予定
  4. 身長の高さはウォーキング 競歩でのパフォーマンスを決定づける要因…
  5. 今週は、官庁巡り。
  6. 100㎞ウォークで最初は飛ばさない方が良い理由 乳酸の話のつづき…
  7. 時差ボケは、まったくなし
  8. ウォーキングのためのドリルトレーニングのすすめ
PAGE TOP