ブログ

100㎞ウォークでも取り入れたい 「暑さ対策」とは?

ぐんま100㎞ウォークご参加の皆様、お疲れ様でした。

暑さ対策に皆さん苦労をされたようです。

 

陸上競技の長距離選手の現場では、暑さ対策(それこそ東京五輪対策)で

おこなわれているのは、「氷を持って、歩く(走る)」

 

手には毛細血管が多く走っており、手のひらを冷やすのは

身体への冷却効果が高いことは、実証済みです。

選手への聞き取り調査でもかなり体感があるようです。

 

あとは、やはり「給水」

しかし、これは胃が弱い方(つまり冷えるとすぐにお腹が痛くなる)という方には

お勧めはできません。

 

そうなると前者が、どんな方でも出来る対策です。

 

体温が上がると、パフォーマンスはどうしても下がります。

暑さ対策は、これからの時期、とても重要になります。

 

さて、100kmウォークが東京で開催されるので

意識して「100kmウォーク」ネタを書いてきました。

ですが、明日以降はちょっと別のことを書いていきたいと思います。

Follow me!

関連記事

  1. しおや100kmウォークで自己記録更新、おめでとうございます!
  2. 忙しい方へおススメの週末30分ウォーキング
  3. ウォーキングで ふくらはぎ が痛くなる という方
  4. 被災された皆様へ お見舞い申し上げます
  5. いざ!再びのロンドンへ
  6. 練習時間が少なくても、サブ4でマラソンを走るために大切な3つのこ…
  7. 東京五輪メダルへの現実味 女子10年ぶりの日本最高&男子は1時間…
  8. 体幹トレーニングとしての「競歩」の活用
PAGE TOP