ブログ

日本記録を出す感触を、普通の人でも手軽に味わう方法

昨日のブログで、岡田選手が日本記録を更新した!

っということを書きました。

 

日本記録を更新するのは、当然簡単なことでは無いですし

競技者の中でもごく一部。

おそらく多くの方が、「日本記録を出す感覚」というのが分からないと思います。

 

手前味噌で恐縮ですが、4回ほど日本記録を更新したことがあります。

その中で感じたのは、

「新雪を歩いて進む」

という感覚が近いと思います。

 

誰もが歩いたことのなく、道しるべの無い道を、

雪の深さに足を獲られて進む。決して楽には進めないけど

誰も歩いたことのない道を進む爽快感。

 

日本記録を出し事が無い選手は、ぜひ新雪を歩いてみて下さい。

Follow me!

関連記事

  1. 運動生理学者の嘆き
  2. 100kmウォークでマメが出来て足が痛くなった時、どうする?
  3. サブ5ランナーに100kmウォークを勧める理由
  4. 20㎞ナショナルチーム合宿無事に終わりました
  5. 速く歩くことの効能
  6. 楽しむことの「本質」
  7. 神様の与えた試練は、多くの人を救う希望の光も同時にもたらす。。。…
  8. 1週間で200㎞歩いても、お医者様に「もっと運動した方が良い」と…
PAGE TOP