ブログ

リラックスして ウォーキング や 競歩 をするために一番重要なこと

結論から言うと。。。

緊張させることです。

 

なんじゃそりゃ!、っと思う方は多いでしょう。

しかし、これは当然のことです。

 

リラックスした状態では、筋肉に力を入れることは出来ません。

つまり、筋発揮をすることが出来ないので地面を蹴れません。

ダンベルをリラックスして持ち上げられないのと同じことです。

 

力を入れる、という動作の後には、必ずリラックスが必要になります。

常に、足に力を入れたままで歩き続けることは不可能です。

歩けたとしても、すぐに疲れるのは明白です。

 

緊張を意識して作り、緊張を生み出すために、リラックスを作る。

 

運動とはこの繰り返しです。

ただ、大事なのは緊張とリラックスを作る中で

圧倒的にリラックスの時間を長くしてあげることです。

 

これが出来ないと直ぐに疲弊してしまいます。

 

ご自身のウォーキングの動作で、緊張とリラックスをしていることを

しっかりと把握し見ててください。

そうすると、自分のフォームが緊張の多い力任せのフォームなのか否かが

良く分かると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 山手線1周ウォーキングスタイル
  2. 2つのニュース 2人の選手
  3. 片麻痺の方のウォーキングトレーニングでまずは求めたい「安定性」
  4. 脳梗塞 半身麻痺からのウォーキング ②
  5. 平日の昼間ですが、みなさまのご参加お待ちしています!
  6. 100㎞ウォークでも取り入れたい 「暑さ対策」とは?
  7. つぶやき。。。
  8. 悪い事しかニュース(話題)にならない、そんな社会は寂しので。バト…
PAGE TOP