ブログ

リラックスして ウォーキング や 競歩 をするために一番重要なこと

結論から言うと。。。

緊張させることです。

 

なんじゃそりゃ!、っと思う方は多いでしょう。

しかし、これは当然のことです。

 

リラックスした状態では、筋肉に力を入れることは出来ません。

つまり、筋発揮をすることが出来ないので地面を蹴れません。

ダンベルをリラックスして持ち上げられないのと同じことです。

 

力を入れる、という動作の後には、必ずリラックスが必要になります。

常に、足に力を入れたままで歩き続けることは不可能です。

歩けたとしても、すぐに疲れるのは明白です。

 

緊張を意識して作り、緊張を生み出すために、リラックスを作る。

 

運動とはこの繰り返しです。

ただ、大事なのは緊張とリラックスを作る中で

圧倒的にリラックスの時間を長くしてあげることです。

 

これが出来ないと直ぐに疲弊してしまいます。

 

ご自身のウォーキングの動作で、緊張とリラックスをしていることを

しっかりと把握し見ててください。

そうすると、自分のフォームが緊張の多い力任せのフォームなのか否かが

良く分かると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 43才、初めての3000m競歩を16分台でマスターズ陸上で勝って…
  2. 桃源郷ウォークに行ってきました
  3. ウォーキングや競歩では、スピードを出すことが実はスタミナを奪わな…
  4. ウォーキング・競歩 で スピードに繋がるピッチ(回転数)の上げ方…
  5. フォームを効率的効果的に上達させる2つのポイント
  6. 冬のウォーキングで寒さ対策で実際に着ているウェアの解説
  7. 2019年 箱根駅伝観戦中
  8. ウォーキングのためのウォーミングアップ
PAGE TOP