ブログ

自分のウォーキングのスキルが高いのか?低いのか?簡単に知る2つのこと

走ってスピードを出す!っということは

一般的な日常動作なので、みなさんも抵抗無く出来ます。

ウォーキングでスピードを出すという、ということは

日常生活ではほとんど無いでしょう

だって、急ぐのであればわざわざ速く歩くのでは無く

走れば良いのですから(笑)

わざわざ、ウォーキングでスピードを出す必要はありません。

だから、ウォーキングで速く歩くはとても難しいです。

ある程度の速さであれば、速く歩く事は出来るでしょう

しかし、ウォーキングでの最高スピードを挑戦する

というのは、ウォーキングで速く歩こうと思っている方でも

あまりやらない事だと思います。

今まで仕事がら、数多くのウォーカーに会って来ましたが

競歩選手以外で、自分の最高スピードを認識している

ウォーカーに会った事がありません。

以前もブログで書きましたが、

自分が1kmを全力で「ウォーキング」したら、

どれぐらいで歩けるか?

これは、ご自身のウォーキングスキルを知る上で

とても重要なポイントです。

そして、昨日のブログでも書きましたが

ウォーキングでダッシュがスムーズに出来るか?

1kmタイムトライアル
ダッシュ

を、ウォーキングで!

是非、挑戦してみて下さい

世界No.1競歩ウォーカー ジャレド・タレントに聞く、トップアスリートが行う世界最新の理学療法ケア – ロンドンオリンピック50km競歩の金メダリスト、ジャレド・タレント選手による、トークセッションを行います。
以下のセッション2本立てを国際統合リハビリテーション協会代表理事森本、ウォーキング療法士監修の柳澤哲先生との対談形式で進めます。

通訳があります!
英語が分からなくてもOK

《金メダリストが受ける世界トップレベルの理学療法とは》
《一般社会に対するウォーキングの役割とは》
この貴重な機会をお見逃しなく!https://moshicom.com/27114/

Follow me!

関連記事

  1. 2017世界陸上 メダルへの道③ ロンドン到着
  2. ドーピングしてませんか?の続き
  3. ネガティブスプリット ポジティブスプリット
  4. 2017世界陸上 メダルへの道⑤ コーチのお仕事
  5. パーキンソン病の方とのウォーキングジムパーソナル②
  6. 前十字靭帯が無く、変形膝関節症でも10㎞を57分で走る
  7. 74才でも17㎞のトレランで昨年よりも15分タイムを縮める
  8. 【レポート】ウォーキング&競歩講習会in大阪① 2017年4月
PAGE TOP