ブログ

ウォーキングでも意識したい、50km競歩日本記録更新した鈴木選手の速く身体を動かすコツとは?

ウォーキングや競歩で「体幹」が安定するというのは

とても重要です

そして、その体幹の安定があるからこそ

手や脚を、速く動かす事が出来るのです。

これはとても難しい事です。

どんなウォーカーも、まして競歩選手も

体幹を安定させる、という事を最初には考えません。

いかに速く腕を振るか?

いかに速く脚を動かすか?

という事に無心します。

そうなると、どうしても体幹を動かさないようにして

手や脚を動かすという事に思考が向きません

止まっているところがあるからこそ

速く動かせる。

団扇をイメージすると良く分かると思います

先端の大きな風を作る部分が速く動けば

風が作れます。

そのためにどういう動作をするかというと

手首を固定させて振ります。

この手首の固定無くして速く団扇は振れません。

体幹を安定させる。

日本記録を出した鈴木選手のフォームを見て

改めて認識しました。

Follow me!

関連記事

  1. 50㎞競歩日本記録更新! 日本記録を更新する難しさ。そんな中、学…
  2. ウォーキング初心者に参考にしてもらいたいシューズの選び方
  3. 9割女性参加者にみる、女性の強さと美しさ
  4. ジョグ歩とウォーキングの違い
  5. 初心者の競歩選手を悩ます、脛の張り
  6. 【レポート】4月開催 ウォーキング講習会in砧公園
  7. ナショナルチーム合宿 戦術のケーススタディ
  8. 箱根駅伝 母校の解散式に想う
PAGE TOP