ブログ

100kmウォークの最大の敵は?

100kmウォークで、タイムに大きく影響する要因は

いくつかありますが、その1つにあるのが「天候」

 

雨が降ればとたんに完歩率もタイムを悪くなります。

では、なぜ雨が完歩率を下げるのか?

その理由は大きく2つ

 

「体温の低下」

「足のマメが出来やすくなる」

 

この2点です。

 

濡れると当然身体が冷えます。

ウォーキングはランニングと違って、心拍数が高い運動ではないので

少しでも気温が下がると、体温もすぐに下がります。

そうなると、どんなに速くウォーキングをしても、ランニングほどすぐに体温が上がらないので

身体は冷え続け、パフォーマンスも下がり、スピードが落ちて更に体温を生まなくなり。。。

という、悪循環に陥ります。

 

足のマメは、やはり濡れて皮膚がふやけて弱くなるので

どうしてもマメが出来やすくなります。

マメができるととたんにパフォーマンスが落ちます。

 

 

「雨」これは、なかなかの難敵です。

 

Follow me!

関連記事

  1. ダイエット系のインタビュー
  2. ウォーキング 競歩 メンタルとパフォーマンスは一体です。
  3. ジャカルタ アジア大会の持つ意味
  4. 大阪-新潟での運転で得たもの
  5. 【講習会参加者の声】ウォーキング講習会in浦和
  6. 平日の昼間ですが、みなさまのご参加お待ちしています!
  7. 中国遠征で失ったもの
  8. ダイエットにはウォーキングよりも「お手軽競歩」の方が効果的
PAGE TOP