ブログ

ミヤジマ日本選手権への道①

こんにちは。競歩選手のミヤジマです。

先月に行われました日本選手権50km競歩大会で6位に入った者です。知名度はご近所レベルでしかないので、ほとんどの方がはじめましてでしょうか(^_^;)

今回、ブログ発案者の方からオファーをいただき連載をスタートすることにしました。

ずばり!私が日本選手権に入賞するまでの軌跡!

こんな内容でブログを書いてしまっていいのでしょうかというところですが、せっかくなので書きます(笑)

とりあえず今回は競歩を始めるまで、です。

自分は中学生時代、新潟県の田舎町で長距離選手をやっていました。

小学校時代にミニバスケットボールをやっていましたが、なんとなく向いてないなと感じていたので、中学を境に陸上をやってみようかな~と思っていた程度です。

なので別に速い選手ではなかったです。個人で県大会に行けたこともなければ、駅伝の強化選手でもない。少なくとも普通の中学生です。

それでも陸上を、本当に楽しいと感じていました! 自分がどんどん速くなっていく充実感もさることながら、トップ選手が風を切ってカッコよく走るのを見るのが好きで………昔から、陸上の大会を観に行くのが好きでした。

そんなあるとき、地元で行われた新潟国体で成年男子10000mWを見ることになりました。片道1時間半、一緒に行った陸上友達は棒高跳びの澤野大地選手が目当てでしたが、私の目当ては競歩でした(笑)

レースの雰囲気は今でも忘れられません。大歓声のなか、各県のユニフォームに身を包んだ選手が、精一杯トラックを駆け抜けていく…………地元新潟代表の(全く面識がなかった)樋熊選手に声援を送りながら、棒高跳びそっちのけでトラックに釘付けでした(笑) そして中盤から飛び出した藤澤選手(当時は山学大でしたっけ?)を森岡選手(富士通)が追いかけていく展開をハラハラしながら見ていました。そしてラスト20mで森岡選手が逆転、優勝………

ものすごくカッコいい競技だと思いました。そして同時に、高校に入学したら、この競歩という種目で自分もこの舞台に立ちたいと思いました。

以前にもケガで走れず、競歩を練習でやったこともありましたが、このときは「本気でトップを目指したい」と思いました。競歩への目覚めです(笑)

それから1週間後、最後の駅伝大会を終えてから近所の土グラウンドで5000m競歩を測ってみました。ものすんごくキツかったのですが……タイムは初心者の目標と言われている30分を切る29分08秒。多分歩型違反は大丈夫だったと思いますし、初めてにしては上出来です(笑)

ここから競歩選手ミヤジマの軌跡は始まっていくのです……!

次回もご期待を\(^o^)/

Follow me!

関連記事

  1. ミヤジマ日本選手権への道③
  2. ミヤジマ日本選手権への道④
  3. ミヤジマ日本選手権への道②
PAGE TOP