ブログ

競歩結果

【競歩】 インターバルトレーニングをレースにつなげる思考 5000mを18分46秒で「早く歩いた」ときのペースの作り方

5000mを18分46秒(非公認)が自己記録です。実は、この記録は代々木の織田フィールドで出した記録です。…

50㎞競歩代表 丸尾選手3人目決定!タイムには見えない僅差を制し、強いものが勝ったレース

第105回日本選手権50㎞競歩は激闘を制し、丸尾選手が初優勝で東京五輪内定をつかみ取りました。ゴール前に涙を堪え…

TV解説者がレビュー 104回 日本選手権20km競歩

日本選手権20km競歩が六甲アイランドで開催されました。最大のトピックは女子20km競歩の岡田選手の連覇が止まっ…

関東学生陸上競技対抗選手権、10000m競歩で久しぶりの優勝。失格から優勝に辿り着いた大事なポイントはとは?

表彰台(3以内)は何度か確保してきましたが久しぶりに関東インカレで優勝することが出来ました(私じゃないんですよ、…

世界最高記録(非公認)10000m競歩 37分25秒 高橋選手が樹立!その記録の凄さを解説します

11月14日 順天堂大学長距離記録会で高橋英輝選手が10000m競歩で37分25秒の日本記録を更新しました。…

東京五輪20㎞の最終選考会 2020全日本競歩能美大会レビュー

全日本男子20km競歩は、池田選手の優勝となり東京五輪内定となりました。1㎞を4分少し切るペースで進み大きな揺さぶり…

50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野選手の日本記録更新

全日本競歩高畠大会50km競歩で東洋大学の川野選手が日本記録を出し優勝!東京五輪の内定となりました…

ドーハでは世界陸上の中継は無かった。。。

一番最初にTVで競歩解説をしたのは、2007年世界陸上大阪大会その時はオンコース解説で、コースの脇に立ってリポートを…

世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 新たに手にした武器と共にメダルを目指せ!鈴木雄介選手

世界陸上ドーハ大会 50㎞競歩に出場する「鈴木雄介選手」間違いなく、日本陸上競技史上、最速の50㎞ウォーカーです…

ユニバーシアードで20km男子競歩!日本選手表彰台独占!

快挙ですが、どこも記事が小さく(苦笑)https://this.kiji.is/522362367203181665…

さらに記事を表示する
PAGE TOP
PAGE TOP