ブログ

50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野選手の日本記録更新

全日本競歩高畠大会50km競歩で

東洋大学の川野選手が日本記録を出し優勝!

東京五輪の内定となりました

 

3時間36分46秒 素晴らしい記録です

前日本記録保持者は、世界陸上ドーハ大会で

金メダルを獲得した鈴木選手です

つまり川野選手は金メダリストより速い記録を持つ事になり

しかも2位の丸尾選手も内定とはなりませんでしたが

鈴木選手の日本記録を更新する3時間37分39秒

来年4月の50kmの最終選考会となる日本選手権に

出場しなければなりませんが、

出場すれば優勝候補筆頭と言えるでしょう

 

川野選手は昨年の世界陸上ドーハ大会選考会では

好記録を20km競歩と50km競歩でも出しましたが

いずれも金メダリストとなった山西選手-鈴木選手に

負けてしまい代表を逃していました

だからこそ今回の東京五輪内定は喜びも一入でしょう

強さの秘密は「身体的な強さ」と「精神力」でしょう

今年の関東インカレでは失格もあり、

鈴木選手のようにフォームが素晴らしい、

とまではいかないのですが、少々荒削りながら

長身からのダイナミックなフォームは、

20kmでのスピード勝負、50kmでのスタミナ勝負

両方でも活躍できます

ピッチャーで言えばストレートでぐいぐい押すタイプ

なイメージです。

そして最後の一滴まで自分の力を出し切れる

「精神力」があります。

 

それが災いして、試合後の回復に時間がかかるところもありますが

試合で力を出し切れるのは大きな武器でしょう

 

金メダリスト、鈴木選手

その記録を上回って優勝した川野選手

惜しくも破れたものの丸尾選手の素晴らしい記録

東京五輪では50km競歩で

表彰台独占が見れるのでは!

そんな期待を抱かせてくれる大会でした

 

 

Follow me!

関連記事

  1. サロマ湖100㎞、競歩ナショナルチームが挑戦します!
  2. ウォーキングのためのドリルトレーニングのすすめ
  3. 選手は、コーチの名声を高めるための道具ではない
  4. 2018年 冬のウォーキングウェアでのおススメは・・・
  5. 慢性的な痛み、との付き合い方
  6. テン6ウォーキングは【競歩】のレースではありません!
  7. 山手線1周ウォーキングで想定外のマメ・・・
  8. メール通信・パーソナルを受講されてる皆さんの、結果一例
PAGE TOP