ブログ

競歩トップ女子選手にみる「競歩の腕振り」

2018年、中国の大倉で開催された

世界競歩チーム選手権女子20㎞競歩の動画です

 

優勝したのはゴンザレス選手(メキシコ)

優勝タイムは1時間26分38秒

最後の5㎞では20分28秒というスピードで歩き切ってます

 

これは、インターハイで男子高校生が優勝するぐらいのタイム。

それを15㎞歩いた後で、出せるのですから「すごい!」の一言です

 

女子選手の腕振りは、標準化されていてどの選手も多少の差はあれど

同じような振り方をしています。

 

肘をしっかりと抱えて、肘を激しく前後に振る

拳の位置がおへその横を通過するぐらいの高さです。

腰より下に腕が下がる選手はほとんどいません。

 

跳ぶことができない「競歩」ならではの腕振りだと思います

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩く、ために「上下動を無くす」ということがどれぐらい大切か?…
  2. 【レポート】 ウォーキング 講習会in外苑 2017年11月 
  3. ウォーキングの時に、重りを付けて「筋力トレーニング」も同時におこ…
  4. 今の時期に熱中症対策をする大切さ
  5. 日本中に競歩を知ってもらう旅 シューズは何足履き潰したか?どのメ…
  6. 東京五輪、男子20㎞競歩の中継局が確定したようです
  7. スピードアップのために「足は前に出さない!」っとパーソナルトレー…
  8. ウォーキング ランニングでの鼠径部の痛み 対処
PAGE TOP