BLOG

ウォーキングブログ

着地の感触「グニュ」という情報からした、フォーム修正とは?

今日も気持ちよく15㎞を1時間23分で歩きました。

のんびり入って、気が付いたら5’30/㎞くらい。

気持ち良く歩けていたので、そのままをキープ。

 

かかと着地から伝わる情報から、いろいろとフォーム修正しました。

3㎝くらいのソール(靴底の厚さの部分と言えば良いですかね)なので、

硬めのソールでもしっかりとかかとから着地すれば

グニュっと沈む感覚が伝わります。

着地が踏み出して過ぎてしまうと、そのクッション(グニュっという感覚)がブレーキになるので

このグニュっという感覚をなるべく真下に出るように

足の着地を調整し、ソールがブレーキにならないようにフォームを調整。

 

真下になればなるほど、このグニュっという感覚が小さくなり

重心はしっかりと掴まえて蹴れるけど、ソールでブレーキが掛からない

 

そんなことを考えていたら、自然とペースが上がっていた

という感じでした。

Follow me!

関連記事

  1. 歩くスピードが速くなったら、ゆっくりウォーキングしている時のフォ…
  2. 小さな筋肉、小さな関節を使う、これがウォーキング・競歩では大事
  3. 時速12㎞でウォーク 歩きながら考えた、もっと速く歩くためにした…
  4. ウォーキング・ランニング愛好家が、トップアスリートの「真似できる…
  5. しおや100㎞ウォーク フォームが素晴らしい!っと褒められた、と…
  6. アップダウンしかないコースでテン8(10㎞で時速8㎞歩く)を達成…
  7. ウォーキング 膝下を振り出す着地、膝下を振り下ろす着地
  8. 身体を動かすために持ちたい「極意」
<<
PAGE TOP