ブログ

着地の感触「グニュ」という情報からした、フォーム修正とは?

今日も気持ちよく15㎞を1時間23分で歩きました。

のんびり入って、気が付いたら5’30/㎞くらい。

気持ち良く歩けていたので、そのままをキープ。

 

かかと着地から伝わる情報から、いろいろとフォーム修正しました。

3㎝くらいのソール(靴底の厚さの部分と言えば良いですかね)なので、

硬めのソールでもしっかりとかかとから着地すれば

グニュっと沈む感覚が伝わります。

着地が踏み出して過ぎてしまうと、そのクッション(グニュっという感覚)がブレーキになるので

このグニュっという感覚をなるべく真下に出るように

足の着地を調整し、ソールがブレーキにならないようにフォームを調整。

 

真下になればなるほど、このグニュっという感覚が小さくなり

重心はしっかりと掴まえて蹴れるけど、ソールでブレーキが掛からない

 

そんなことを考えていたら、自然とペースが上がっていた

という感じでした。

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク完歩! しおや100㎞ウォーク12時間台(ご本人…
  2. メール通信の受講者から嬉しいメール
  3. 初心者も参考にしたい時速8㎞のフォーム解説
  4. 居眠り運転ならぬ、居眠りウォーク(競歩)
  5. 片麻痺の方のウォーキングトレーニングでまずは求めたい「安定性」
  6. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  7. 1月17日のLive配信反省会(忘備録的に)
  8. 暑い日にウォーキングをスタートする前に。2019
PAGE TOP
PAGE TOP