ブログ

ウォーキング 競歩で片脚に重心をしっかりと載せると起こる現象

ウォーキングでも、競歩でも

しっかりと一歩に載ることを「aruku技術」として

いつも指導しています。

 

一歩にしっかりと載ることが出来れば、

必ず体重を乗せた側の骨盤は上に上がります。

それを感じることが出来ない、ということは

一歩に載れていない、ということです。

 

うまくに一歩に載れていない、と感じる場合は

膝が曲がっている、というのが原因です。

 

歩かずに立ったままで、膝をしっかりと伸ばして

交互に体重を載せると重心を載せた側の骨盤があがり、

リラックスした側の膝は前に出ます。

この状態は、膝を伸ばしておこなうとまず起きません。

 

歩いて体重が一歩に載る感覚が掴めない方は

その場で足踏みをするように、立ったままで体重を左右に載せる

そこから始めることをおススメします

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩での寒さ対策 2019年度版
  2. ウォーキングフォームでチェックしたい 《腕振りと歩幅の関係》
  3. 居眠り運転ならぬ、居眠りウォーク(競歩)
  4. ウォーク(競歩)時速10㎞で、上下動【1.2㎝】と判断される
  5. ウォーキングを向上させるトレーニング方法① 歩くだけのウォーキン…
  6. 骨盤で衝撃を吸収し身体を「くの字」に曲げる、「勝利の条件」で紹介…
  7. 時速7㎞以上でウォーキングするための、シンプルな基礎トレ 【基本…
  8. 「膝が痛くならなくなって、1時間歩いても平気だった!」っとお礼を…
PAGE TOP