BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング 競歩の技術を習得していく順番の重要性

肘を引くことで、体幹の捻転は大きくなります。

その前提の立つのが、「骨盤をしっかり立てて、その上に上体が載っている」

ということです。

 

それが出来ていないと、いくら肘を後ろに引いても

骨盤の回旋は大きくなりません。

 

トレーニングでアドバイスをするとき、

アドバイスをする言葉の順番には気を使います。

つまり上記の通りだと、姿勢が作れていない方に

いくら肘を引いてください、とお願いしても骨盤の回転は生まれません

生まれたとしても小さく力任せになります。

 

しっかりと、姿勢が出来てから、肘を引く、という順番で

アドバイスをしないと、「難しい」「できない」「実感がわかない」

となります。

 

つまり、肘を引いても骨盤が動いていない、と感じる場合は

前段階の姿勢が作れていない、という事なのです。

そんなことを意識しながら、ウォーキング・競歩のトレーニングをしてもらえればと思います。

 

近道はありません。1つ1つの動作を積み上げていく!

なのです。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングをして、痛い場所が出る、修正しないでランをすると故障…
  2. いざ!再びのロンドンへ
  3. 40代以降で競歩をしようとすると苦労する、、、膝を伸ばすというこ…
  4. 【ウォーキング】坂道を歩くときに「スピード強化」のために意識した…
  5. 初心者 のための トップウォーカーのフォーム解説① 【体幹が身体…
  6. 日本選手権35㎞のサブ開催の特別レース20㎞が実は面白い!
  7. コーチだからこそ皆にはそれぞれに合った言葉で「声」を掛けたい
  8. 歩き納め!@代々木公園 2023年12月30日
<<
PAGE TOP