ブログ

箱根駅伝予選会から考える ウォークでも競歩でも考えたい、どう記録をまとめるか?順位が着く勝負は戦術が大事、ということを改めて痛感した2021年箱根駅伝予選会

母校の外部コーチをしているので、毎年予選会に

例年だと、現地まで応援に行ってます。

33年連続補選への出場が途絶え、2年ぶりの本選出場なるか?

という大事な予選会でしたが

さすがに今年は、自粛や入場規制もあり、TV観戦をしていました。

 

予選会(本日、土曜)でした、火曜日には大学に行ってましたが

監督他みんなリラックスしてました。

一度、連続出場という記録が途切れ、ある種の重圧から解放された部分と

早く本戦にもどらないといけない、という新の重圧とでは

後者の方が、「挑戦者」としての気持ちを掻き立てられたことが

今回の結果に結びついたのでしょう

 

やはり、結果をみていて「戦術」の大事さを改めて思いました。

5㎞通過、10㎞通過、15㎞通過は全て5位以内で傍からみれば楽勝で10位以内が

狙えそうでしたが、かなり冷や冷やしてみていました。

ハーフという距離を走って、順位が決まるので、いかにそれまでの順位が良いか?

は問題ではなく、最後5㎞に仕掛けてくる大学は多いと感じていたからです。

実際に、一時期は全体で3位で通過しましたが、結果は7位通過でしたから

11位の大学と差は3分30秒。選手一人一人がもう20秒遅いかったら逆転されています。

距離にして100-120m程度の差でしかありません。

 

しかし、復活を期した大学は母校も城西大学も積極的な作戦でした。

【堅実な作戦のデメリットのリスクか】

【積極的な作戦のデメリットのリスクか】

で、後者を選びました。

 

【堅実な作戦のデメリットのリスクとは】

前半を無理しないで、後半に掛ける。オーバーペースにならないので、後半に他大学が疲れる中、ペースアップをできるのでタイム差をつけやすい側面もあるが

速いペースで走らない分、後半にペースアップに切り替えられない選手を生みやすくなる

【積極的な作戦のデメリットのリスクとは】

オーバーペースで、後半の失速を招きやすく、失速幅が大きいと上位選手とのタイム差が付きやすく

10人合計記録で競う、予選会の形式だと致命傷になりかねない

 

順位を守りたい昨年の本選出場校は、堅実な作戦のデメリットのリスクを得らびがちです。

実際に昨年の母校も、その作戦で失敗した感じがありました。

 

どちらの戦術が正しいか正しくないか?はチーム事情もあれば、相手の出来不出来もあるので

正解はありません。

寒いぐらいの小雨でのレースで、コースも例年と違いほぼ平坦の滑走路周回コースだったので

【積極的な作戦】がハマりやすかった部分はあったと思います。

 

いずれにせよ、例年にない好タイムが続出したのは、

積極的なレースをした大学が多く、コースが良かった、部分はありました。

《順位を守るために、攻める》この戦術が光る予選会でした。

 

ウォークでも競歩でも、距離が分かりコースも分かります。

いつもただ漠然と歩ているコースを、前半積極的に歩いてみる、後半は登りが多いコースだから前半は抑える

など、

いつも皆さんがトレーニングをしているコースを戦略的に捉えて練習してみると

トレーニングの幅も広がり、もっと楽しく歩けるでしょう

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで「速いペース」を維持するために大切なこと
  2. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
  3. 自分の感覚を「言語化する」ためのポイント
  4. 東京五輪マラソン東京コース 本日無事完[歩]!
  5. 暑い日にウォーキングをスタートする前に。2019
  6. 楽に速く歩くには?着地する→載せる→押し出す(踏み出す?蹴る?)…
  7. 理学療法士の皆さんに「骨盤で歩く」を伝えたら。。。
  8. 一般的なウォーカーは膝を伸ばすのが苦手ですが、伸ばした方がメリッ…
PAGE TOP