ブログ

歩くこと(ウォーク)の本当の楽しさを脚は教えてくれる

難しい疲労の運動生理学的な話を書こうと思いました。

初心者の方や、ただウォーキングを楽しんでいる人には

あまり興味がなさそうなので(笑)

角度を変えて書きたいと思います。

 

ウォーキングをして、大抵の方はすぐに疲れることは無いです。

20分とか30分とかウォーキングをして疲労困憊!という方はそうはいないでしょう

だけど、ランニングをして20-30分走って疲れた。。。と感じる人は多いです。

 

まぁ、そもそも運動としての「キツさ」も違います

だから、同じ時間の運動でも疲労感の感じ方が変わります

 

運動としての「キツさ」がウォークとランでは何が違うか?

これは、大きく2点 心拍数・筋肉への負担

ランの方が、呼吸も荒くなるし、跳ぶという動作が入るので筋肉への衝撃(負担)も大きい

だから長く続けられないのです。

 

ウォークだと、心拍数も高くなることもなければ、跳ぶという動作が無いので衝撃もなく

長く歩いていられる

 

実は、このウォークの長所が、多くの方のウォークの弱点です。

 

心拍数も筋肉にも負担を掛けることが多くの方は難しいです

それは。。。

速く歩くことができない、からです。

 

速くウォーキングをすることが出来れば、当然心拍数は上がります

しかし、筋肉への負担は跳ぶわけではないので、ランほどは増えません

ですが、ランと違って跳ばない分の筋負担が増えます。

 

それは、接地時間の長さ!

ランと違って片足で全体重を支えている時間が長く、

勢いを使えないので、一歩一歩ランよりもしっかりと身体を前に蹴りだす(押し出す)

という動作が必要になります。

 

全体重を片足で前に押し出していく、これは相当の筋負担です。

 

この一歩一歩への筋力への負担を感じられるようになれば、

歩くことの本当の楽しさが分かってくると思います

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 動画フィードバック付き講習会参加者のお声
  2. お腹をギュッと絞る 擬音シリーズ
  3. 100kmウォークに向けて、まずは自分のフォームを確認するべき。…
  4. 元五輪選手が伝授するウォーキングや競歩で背中を柔軟に使うためのド…
  5. フォームは体型を作る、体型はフォームの履歴書
  6. ふくらはぎ、を 細くする ウォーキング フォーム
  7. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
  8. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
PAGE TOP