ブログ

速く歩くために「削るべき動作」

速く歩くために、「削るべき動作」は

上下の動き・左右の動き、です。

 

前に進むの「上下の動き」はブレーキを掛ける動きになり

身体への負担が大きくなります。

前に進むのに「左右の動き」は重心のスムーズな前方移動の

妨げになります。

 

ですが、多くのウォーカーの方は

自分のどんな動きが上下を生んでいるのか?左右の動きを生んでいるのか?

これを掴み切れていないでしょう

 

上下の動きは、ガーミンのダイナミクスポッドを活用すると可視化できます。

上下動は3㎝前後に抑えたいです。

左右の動きは、頭のブレで確認できやすいです

 

無駄な動きを削る、力を使わないで出来る

速くなるための近道です

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングでのカーブの曲がり方
  2. 時速6kmのスピードで「ウォーキング」できない方の特徴
  3. 速く歩く、ために「上下動を無くす」ということがどれぐらい大切か?…
  4. 呼吸がきつくなった時にしたいこと
  5. 段階的にトレーニングをして競歩のフォームを身に着けよう
  6. 今のウォーキングフォームが本当に身体を上手に使えているのかどうか…
  7. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキング後も冷…
  8. 時速7㎞以上で10㎞以上をウォーキングするための、シンプルな基礎…
PAGE TOP