BLOG

ウォーキングブログ

速く歩くために「削るべき動作」

速く歩くために、「削るべき動作」は

上下の動き・左右の動き、です。

 

前に進むの「上下の動き」はブレーキを掛ける動きになり

身体への負担が大きくなります。

前に進むのに「左右の動き」は重心のスムーズな前方移動の

妨げになります。

 

ですが、多くのウォーカーの方は

自分のどんな動きが上下を生んでいるのか?左右の動きを生んでいるのか?

これを掴み切れていないでしょう

 

上下の動きは、ガーミンのダイナミクスポッドを活用すると可視化できます。

上下動は3㎝前後に抑えたいです。

左右の動きは、頭のブレで確認できやすいです

 

無駄な動きを削る、力を使わないで出来る

速くなるための近道です

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング ラン 競歩で、蹴らないで進むために活用したい位置エ…
  2. 初心者ウォーカーも ベテランウォーカーも 疾患のある方も、冬のウ…
  3. #Voicy つまずきやすい方がしたい簡単トレーニング 熊に追い…
  4. 上半身と下半身をかみ合わせて歩けば6’57で1㎞は60代の女性で…
  5. #Voicy かかと着地は大事です!を音声で解説
  6. 競歩 中級者以上なら積極的におこないたい「全速力で歩く!」トレー…
  7. 100kmウォークに向けて、まずは自分のフォームを確認するべき。…
  8. 健康は、当たり前ではない、、、皆さんの周りで身体も心もダウン気味…
<<
PAGE TOP