ブログ

世界記録保持者が語る、競歩選手に必要な最も能力とは?

ご存じの方もいるかもしれませんが、

20㎞競歩世界記録保持者の鈴木雄介選手が報知新聞にコラムを書いています

https://hochi.news/articles/20201013-OHT1T50155.html

 

その中で、彼が語っているのは「考える力」の大切さ、です。

どのスポーツでも「考える力」は重要ですが

競歩の場合は、際立ってこの力が大切でしょう。

 

だからこそ、体格に恵まれない日本人でも世界で活躍できる

陸上競技の種目なのでしょう。

 

やみくもに歩けば良いのではなく、

どうすれば「速く歩けるか?」それ考えるのが「競歩という種目」です

「考える力」を使えば年齢を問わずいろんな可能性が広がるでしょう!

Follow me!

関連記事

  1. まだ、速く歩こうと思ったことが無いけど、これから速く歩こうと考え…
  2. 自分のトレーニングの調子の良さ、どう判断してますか?
  3. ロンドン五輪 50㎞競歩金メダリスト ジャレド・タレント選手
  4. 筋力に頼らない、歩き方をしよう
  5. ウォーキング や 競歩で初心者でも良く分かる、身体の使い方の比較…
  6. 前の会社の元同僚が、TV画面で涙を流す姿を見て想う
  7. ウォーキングで、「腕を振る」ときに大事にしたい感覚
  8. びわ湖100km挑戦ウォーカーから、結果報告メール、ウォーキング…
PAGE TOP