ブログ

ロングウォークをすればするほど、「楽に」のために、僅かしか進まない1歩を大事にしたい理由

一歩で進める距離は競歩選手でも1m前後

ウォーカーの方なら、大きくても80㎠前後でしょう。

 

つまり一歩で進める距離は僅かです。

ですが、その1歩80㎝を進むため一歩ではありません。

その先のための一歩でもあるのです。

 

もし、その一歩がブレーキを掛けてしまう着地だったら?

後半への疲れを早めてしまう一歩になります。

もし、その一歩が着地で上から地面を叩くような一歩になってしまったら?

歩き終わった後に、足首や膝に痛みを感じることがあると思います

もし、その一歩が力みすぎてしまっていたら?

疲れるタイミングが早くなってしまうでしょう。

 

一歩を大事に出来るか?

ロングウォークをすればするほど、大切にすることが「楽に」を生むのです

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングのための腹筋をしよう!
  2. ウォーキング 技術、とても73才女性には見えません… 滑らかな膝…
  3. ウォーキング・ランニング愛好家が、トップアスリートの「真似できる…
  4. お尻・モモ裏をしっかりと伸ばす、アクティブストレッチ
  5. ウォーキングで太もも前を使わない!、意識出来ますか?
  6. WEB競歩講習会 2日目 参加者からのお声
  7. 足裏(土踏まず)がウォーキング や 競歩で痛くなる、という方へ
  8. 競歩 の 歩き方 ②
PAGE TOP