ブログ

ロングウォークをすればするほど、「楽に」のために、僅かしか進まない1歩を大事にしたい理由

一歩で進める距離は競歩選手でも1m前後

ウォーカーの方なら、大きくても80㎠前後でしょう。

 

つまり一歩で進める距離は僅かです。

ですが、その1歩80㎝を進むため一歩ではありません。

その先のための一歩でもあるのです。

 

もし、その一歩がブレーキを掛けてしまう着地だったら?

後半への疲れを早めてしまう一歩になります。

もし、その一歩が着地で上から地面を叩くような一歩になってしまったら?

歩き終わった後に、足首や膝に痛みを感じることがあると思います

もし、その一歩が力みすぎてしまっていたら?

疲れるタイミングが早くなってしまうでしょう。

 

一歩を大事に出来るか?

ロングウォークをすればするほど、大切にすることが「楽に」を生むのです

 

Follow me!

関連記事

  1. 【早く歩く ウォーキング】 「軸」を意識することの重要性
  2. 腕を振ってるが進む感じがしない!という方へ
  3. 100kmをウォーキングで完歩するための呪文
  4. 段階的にトレーニングをして競歩のフォームを身に着けよう
  5. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
  6. ウォーキングの歩き始めの「一歩目」の作り方
  7. お腹をギュッと絞る 擬音シリーズ
  8. 膝を伸ばした方が良い理由
PAGE TOP
PAGE TOP