ブログ

ロングウォークをすればするほど、「楽に」のために、僅かしか進まない1歩を大事にしたい理由

一歩で進める距離は競歩選手でも1m前後

ウォーカーの方なら、大きくても80㎠前後でしょう。

 

つまり一歩で進める距離は僅かです。

ですが、その1歩80㎝を進むため一歩ではありません。

その先のための一歩でもあるのです。

 

もし、その一歩がブレーキを掛けてしまう着地だったら?

後半への疲れを早めてしまう一歩になります。

もし、その一歩が着地で上から地面を叩くような一歩になってしまったら?

歩き終わった後に、足首や膝に痛みを感じることがあると思います

もし、その一歩が力みすぎてしまっていたら?

疲れるタイミングが早くなってしまうでしょう。

 

一歩を大事に出来るか?

ロングウォークをすればするほど、大切にすることが「楽に」を生むのです

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・競歩の上達の極意の1つ、それは。。。
  2. ウォークで速く歩くために!前回のエラーの修正にトライ 19㎞を時…
  3. 身体の疲労を回復させる2大要素
  4. 足を前に出す意識をもってウォーキングをすると疲れる理由
  5. ベストのパフォーマンス出すために!持たなければいけないもの、世界…
  6. 東京エクストリームウォーク42.195km ハーフを試し歩き!
  7. ウォーキングで「膝」をどう使うのか?
  8. 100㎞ウォークチャンピオンとのウォーキング対談 Vol1 10…
PAGE TOP
PAGE TOP