BLOG

ウォーキングブログ

東京五輪マラソン東京コース 4時間46分01秒で歩く 装備&給水、そして事前準備で皆さんがあまりしないであろうこと。

https://www.pro-walkingcoach.com/blog2020/11/15/%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e4%ba%94%e8%bc%aa%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%80%80%e6%9c%ac%e6%97%a5%e7%84%a1%e4%ba%8b%e5%ae%8c%e8%b5%b0%ef%bc%81

無事に完歩してきました。

 

 

 

 

 

 

 

装備はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

モンベルのトレランリュック(本当はウェストポーチにしたかった)

Nikeのキャップ

Asicsのチャック付きの長Tシャツ

Nikeのランパン(半ズボン)

タイツを履いてそうな写真ですが影です。タイツは履いてません

靴下

Asicsのランニングシューズ GEL-DS TRAINER 25 メンズ

 

気温が11度予報だったので、ロングタイツを履くかどうかをかなり迷いました

ただ、歩くスピードが速いのと、あまり発汗したくない、と考えて半ズボンに。

これは結果として正解でした。

スタート時は5’40-6’00/㎞をコンスタントに刻み、それでもお腹が冷える感じはあったので

失敗したかな、っと思いましたが、結局トレイは小を一回のみでした。

 

発汗したくない理由は、Tシャツが纏わりつく、汗が乾いたときのTシャツの保温力が下がる、

水分をたくさん摂らなければならなくなる、を避けるためです。

この辺は、戦略が大きいので気を付けないと失敗しますのでご注意ください

 

給水は、

ポカリスエット500㏄とアミノバイタルパーフェクトエネルギー

ポカリスエットは信号待ちのたびにこまめに給水、

パーフェクトエネルギーは、18㎞地点ですべて一気に飲む。

ポカリスエットは25㎞で飲み切る

30㎞地点でコンビニに立ち寄り、コーラ350CC、エネルギーin・カルピス500CC

を購入。

ゴールまではカルピスによる糖と水分補給

コーラは飲まず、、、(ペースを上げる必要がなくなったため)

エネルギーinも、とらず(ペースを上げる必要がなくなったので)

 

今回はスタート前にプロテインをしっかりと摂りました。

マラソンを歩く当日の朝、13㎞走って、その後5㎞くらいは歩いていたので

タンパク質不足だったので。

 

プロテインをこまめに摂っておくと、ダメージ感が非常に少ないです

疲労感が出るのもかなり遅くなります

「アミノローディング」(アミノ酸を高い当日までに大量に摂ってく手法)

を現役のころから良くやっていたので。

このやり方は、一般の方はカーボローディングはしても(一般の方もあまりしないか(笑))

アミノローディング(今回はプロテインローディング)はしないと思いますが

カーボローディングと同じぐお勧めの手法です。

 

今回は43㎞ぐらいでしたが、給水が1000CCでもゴールできたのは

元五輪選手だからとか、気温が涼しいからとか、そんな理由ではなく

しっかりと事前の準備をしていたからこそでしょう。

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ドーハ大会 競歩放送予定は。。。
  2. 日本中に競歩を知ってもらう旅 !人以外に出会った生き物
  3. 「ストロール」 初心者のための競歩のトレーニング youtube…
  4. PCR検査無事に【陰性】 2021年1月17日
  5. ウォーキング 競歩での寒さ対策 2019年度版
  6. チャリティー競歩講習会 再延期のお知らせ
  7. 競歩の技術を活用した!ウォーキング講習会 2021年8月
  8. イベント模索中、、、
<<
PAGE TOP