BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング 腕振り 肘を曲げる 肘を伸ばす メリット デメリット

ウォーキングをしているときの腕振りが
肘を曲げるか?伸ばすか?どっちがいいの???
と迷う方も多いでしょう。

《肘を曲げた腕振り》と《肘を伸ばした腕振り》のメリット・デメリットは

肘を曲げた腕振り
メリット
・ピッチ(回転数)が上がりやすく、スピードが出やすい
・指先がむくむ、ということが無い
・重心が上がるので身体を軽く感じる

デメリット
・慣れてないと肩が凝る
・歩幅が小さくなりやすい
・慣れてないと腕が疲れる(腕振りが力みやすい)

肘を伸ばした腕振り
メリット
・大きく腕が振りやすく歩幅が広がる
・肘から指先の重さを感じやすく振り子のように腕が振れる
・慣れて無くても背中が大きく動かした腕振りが出来る

デメリット
・長時間のウォーキングだと確実に手がむくみ
・ピッチを上げにくい
・まっすぐに腕が振れないと、重心がブレやすい

腕振りに慣れるために、まずは肘を伸ばした腕振りでリラックスした腕の使い方を習得し
その感覚を大事にして、肘を曲げて腕を振る、
そうすれば、肩に力を入れずに腕が振れ、双方のメリットだけで腕が振れるようになります。

練習してみて下さい!

講習会してます!https://www.pro-walkingcoach.com/event/

Follow me!

関連記事

  1. YouTube更新しました! 競歩のためのピッチを上げるトレーニ…
  2. 東京五輪競歩TV解説 裏話その3 未公開の選手のインタビュー、本…
  3. 【100㎞ウォーキング】の無料オンライン講習会開催します!
  4. 全国高校女子駅伝、大逆転ゴールに見た日本人の強さと課題
  5. まだ、速く歩こうと思ったことが無いけど、これから速く歩こうと考え…
  6. 【健康ウォーキング】ウォーキングをするときは、黙って歩くことに集…
  7. 皆さんと大きなチャレンジ 2019年! 明けましておめでとうござ…
  8. 【公開練習のお知らせ】30㎞を5’30/㎞平均で歩きます!11月…
<<
PAGE TOP