ブログ

時速7㎞以上でウォーキングするための、シンプルな基礎トレ 【基本編】

時速8㎞でウォークしようとすると、どうしても力任せになります。

そうならないためにやらないといけないのは

「脱力(リラックス)」を作る

 

この脱力が、70代だろうとも時速7㎞以上で長く歩くために必要なことです。

脱力をするということは、「力を抜くこと」なので

筋力を必要としない歩くテクニックです。

 

ふだんのゆっくり歩きからできる簡単な方法なので

みなさんも練習してみください

・かかとからお尻の真下に着地する

・着地するときは必ず膝を伸ばす

・着したときはかかとに体重が乗っているのを感じ、体重の載っていない脚は脱力させる

こうやって、短い歩幅でゆっくり歩く

というシンプルな方法です。

 

うまく脱力ができない(体重を乗せた足(かかと)に、あまり体重が乗っている気がしないという場合は

膝が伸び切っていない場合がほとんどです

 

鏡でも、動画で撮影するでも良いので

「ちゃんと膝が伸びているかどうか?」を確認してみましょう。

 

これが出来るようになることが、力任せに歩かないための

第一歩です。

Follow me!

関連記事

  1. 10㎞を47分台で歩いた(競歩)したとき、キツイ感じたときに意識…
  2. ウォーキングや競歩で「きつい」「疲れた」と感じたとき、メンタル的…
  3. 速くウォーキングする時に意識したい筋肉
  4. 6月のエクストリームウォーク初挑戦で完歩した方のメールから見る、…
  5. 競歩での失格は、レベルアップのサイン 「競歩を難しい」という言葉…
  6. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
  7. リラックスして ウォーキング や 競歩 をするために一番重要なこ…
  8. 小さな筋肉、小さな関節を使う、これがウォーキング・競歩では大事
PAGE TOP
PAGE TOP