ブログ

ウォーキング 競歩で 自分の姿勢を把握するのは、難しい。。。

ウォーキングや競歩で、と書きましたが

おそらくどんな競技でも、

「自分がどんな姿勢で競技をしているか?」

を把握している選手は極わずかだと思います

把握できない理由は簡単です。

自分の姿を俯瞰してリアルタイムで見ることが不可能だからです

 

競歩やウォーキングなら進行方向にカメラがあって

それが3画面で、真横から真正面から真上からの映像が見れているのであれば

把握することは出来ますが、不可能です。

(幽体離脱でもすれば別かもしれませんが。。。)

 

だから、「きっと自分はこういう姿勢で歩いているだろう」っという

予測の中でしか、把握ができないのです。

その予測が正確であればあるほど、理想の姿勢が作れており

しかし、正確でなければ「思い込み」のなかで姿勢を作っていることになり

姿勢が悪かったとしても気が付けないのです。

 

だからこそ、動画を撮ってフォームを確認する。

これは、感覚とパフォーマンスを近づけ、「姿勢の予測」の精度を上げていきます

 

動画を撮るのは、とても重要なことなのが分かると思います

Follow me!

関連記事

  1. ウォーク 競歩 年齢を重ねれば重ねるほど、ただ長い距離だけを歩い…
  2. 最大心拍数の計算方法 「220-年齢」は飛行機の中の退屈しのぎで…
  3. 優勝おめでとうございます!飯塚‐武雄103㎞!!!
  4. アメリカのマスターズ陸上競歩 動画
  5. ウォーキング 追加装備したい冬の必需品2品とは
  6. ウォーキングのための腹筋をしよう!
  7. 膝を伸ばした方が良い理由
  8. 上半身と下半身をかみ合わせて歩けば6’57で1㎞は60代の女性で…
PAGE TOP