BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング や 競歩 足を前に出す動作で間違いがちなこと

ウォーキングや競歩で、足を前に出す仕事は

骨盤です。

お尻(骨盤)で歩くという事を意識すれば、腰が脚を前方に運んでくれます。

 

このときにどうしても、足を前に踏み出そうとしてしまいがちです。

その時に、98%くらいの方は膝がリードして足を前に出します。

つまり、横からフォームを見ると、腰の下を通過したときに

膝が大きく前にでて、そのまま下に降ろして着地ます。

つまり、太ももを持ち上げる動作が生まれ

そうなると膝があまり伸びてきません。

 

わずか2%の人はどんな足の運びをするかというと

膝下を振り出して着地します。

そうすると、膝から下が振出されるので、くるぶしから下の部分が先に前に出て

かかと着地となり、結果的に膝が伸びた状態で着地ます。

そうなると、太もも前面の筋肉はほとんど使われず、

膝下の振出の瞬間だけです。

 

難しいですが、一歩に載って、リラックスした足の振出しを意識することで出来ます。

これが出来れば、一気にウォーキング(競歩)の質が高まります。

 

Follow me!

関連記事

  1. 日本にスポーツ文化が根付き難い、ボランティアという美徳の難しさ
  2. 2022年 明けまして、おめでとうございます。本年も宜しくお願い…
  3. 東京五輪 女子20㎞競歩展望
  4. テン6ウォーク #時速6㎞ウォーク で10㎞を歩き続けてみよう
  5. 東京五輪、延期の風が吹いてきた。。。 年内?1年後?2年後?
  6. ダイエット ウォーキングは 痩せない けど、「競歩の歩き方」は痩…
  7. 女子高生の競歩選手にとって、時速10㎞は遅い方。成人男性が時速8…
  8. 「世界の見え方が変わったように感じるほど」の経験。 皆さんは…
<<
PAGE TOP