ブログ

どんな人だって、「速く歩ける」ようになります

速く歩くために、ごくごく初歩的な順序があります。

一番目は「足があること」

これは義足であろうがなんであろうが問題ありません。

2本以上の足があれば歩けます。

※歩くということは、どちらかの足が地面に接地している、なので一本足だと、どうしてもケンケンになるの足が離れます

 

2番目は、杖を使っても構いませんが、交互に片足で立てること。

歩くは片足で交互に自分の全体重を支えること、なので。

 

これができれば問題なく歩く技術は向上します。

 

後は、力まずに力任せで歩かない、ということができるようになり

自分の身体がどう動いているかを少しづつ把握し、

「歩く」という事を感覚だけでなく、原理としても把握できれば

ある一定の速度までは、誰しもが速く歩けると思います。

 

片麻痺、変形膝関節症、パーキンソン病、膝なん骨浮腫、などなど

様々な疾患のある方のウォーキングをサポートしてきて

自信を持って言えることです

Follow me!

関連記事

  1. 大阪での講習会、本当はこの日程で九州開催のつもりでした・・・
  2. 同じ心拍数でも「きつさ」が違う理由
  3. ウォーキングは寒さに弱く、ペースが落ちる。効果的な対策は?
  4. つくば100㎞ウォーク スタッフ樋熊、11時間50分で完歩
  5. 競歩は 脚線美作り ウェストを細くする 最適な エクササイズ
  6. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
  7. 100kmウォークに向けて、まずは自分のフォームを確認するべき。…
  8. ナイキの厚底シューズのウォーキングや競歩での威力を探る
PAGE TOP