ブログ

時速11㎞で歩いても痛みが出ない理由

今日も時速11㎞(5’30/㎞)ペースで歩いてきました。

最初は時速10㎞程度から入り、徐々にペースが上がり

中盤以降は時速11㎞を下回ることはありません。

 

もちろん、身体に痛みはありません。

その大きな理由は、

「無理にペースを上げないこと」

これに尽きると思います。

 

どうしても速く歩こうとすると、「力任せ」になります。

ストライドを広げようと大きく踏み出してみたり

ピッチを上げようと、速く着地しようとしたり

 

そうすると、必ずフォームに無理が起こります。

もちろん、速く歩くこともできるでしょう。

呼吸がきつくなっても、ある程度の距離を歩き続けることはできるでしょう

 

でも、ゴール後に「膝」「足裏」「ふくらはぎ」など

どこかしらが痛くなったとしたら、やはり無理をしてスピードを出している

弊害が出ていると言ってよいでしょう。

 

フォームのことを意識することでペースが上がる。これが理想です。

スムーズに重心移動させ、ブレーキを掛けないように歩く。

これが出来れば、掛かる負担が関節にも筋肉にも最小限に抑えられます。

 

終わって、「どこかが痛い」

それはフォームに問題がある、っと身体が訴えているサインです。

ぜひ、耳を傾けてあげて下さい

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング-ランニングで脚が攣る方へ ②
  2. 雨の日のウォーキング対策 【リライト版】
  3. 膝が痛い!という方に、タイプにもよりますが試してもらいたい歩き方…
  4. スポーツドリンクは薄めた方が良いの?
  5. 動画付き講習会を終えて感じたこと
  6. ベストのパフォーマンス出すために!持たなければいけないもの、世界…
  7. 体幹トレーニングとしての「競歩」の活用
  8. お腹をギュッと絞る 擬音シリーズ
PAGE TOP