ブログ

時速11㎞で歩いても痛みが出ない理由

今日も時速11㎞(5’30/㎞)ペースで歩いてきました。

最初は時速10㎞程度から入り、徐々にペースが上がり

中盤以降は時速11㎞を下回ることはありません。

 

もちろん、身体に痛みはありません。

その大きな理由は、

「無理にペースを上げないこと」

これに尽きると思います。

 

どうしても速く歩こうとすると、「力任せ」になります。

ストライドを広げようと大きく踏み出してみたり

ピッチを上げようと、速く着地しようとしたり

 

そうすると、必ずフォームに無理が起こります。

もちろん、速く歩くこともできるでしょう。

呼吸がきつくなっても、ある程度の距離を歩き続けることはできるでしょう

 

でも、ゴール後に「膝」「足裏」「ふくらはぎ」など

どこかしらが痛くなったとしたら、やはり無理をしてスピードを出している

弊害が出ていると言ってよいでしょう。

 

フォームのことを意識することでペースが上がる。これが理想です。

スムーズに重心移動させ、ブレーキを掛けないように歩く。

これが出来れば、掛かる負担が関節にも筋肉にも最小限に抑えられます。

 

終わって、「どこかが痛い」

それはフォームに問題がある、っと身体が訴えているサインです。

ぜひ、耳を傾けてあげて下さい

Follow me!

関連記事

  1. 片麻痺の方のウォーキングトレーニングでまずは求めたい「安定性」
  2. 競歩の上達で大切な事、「言葉に出来る」ということは、間違った動き…
  3. ウォーキングで両足のバランスが悪く、課題のある脚はもちろん痛い、…
  4. 100kmウォーク攻略講習会 100km11時間台ウォーカーが装…
  5. 骨盤を使ってウォーキング、を難しくしているもの
  6. 最大心拍数の計算方法 「220-年齢」は飛行機の中の退屈しのぎで…
  7. 70代女性が2日連続でテン6(時速6㎞で10㎞)で歩いた時に、心…
  8. ヒールストライク??かっこいい言葉に惑わされず、スポーツを学ぶ3…
PAGE TOP