ブログ

ウォーキングのために。スピードを出すための、「膝」の極意を100m競争から学ぶ

まずは、この動画を見て下さい

https://youtu.be/Sg1fyPh294w

100m競争の桐生選手の走りです。

横からのスロー再生ですが、

 

膝の動きをみると、着地の衝撃に負けて膝が沈み込む(曲がる)ことなく

そのまま足を後ろに引いている(蹴っている)のが分かります

 

周りを走る選手も同様な走り方をしているのが分かります。

 

短距離だから、、、っと思われるかもしれませんが

 

競歩はそもそも膝を曲げてはいけないルールです

ですが、時速15㎞以上(4分/㎞)で「歩き」ます。

 

陸上競技から「速さ」を学ぼうとするのであれば

どのように膝を使えばいいか?

ウォーキングであったとしても

 

自ずと分かってくると思います。

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 最大心拍数を意識したトレーニング。とりあえず、166しか上がらな…
  2. 佐世保ー島原 トップゴール おめでとうございます!佐世保〜島原ウ…
  3. ウォーキング 競歩では背の高い方が圧倒的優位なのか?
  4. 股関節が悪い作業療法士さんと20kmをウォーキング
  5. 雨の日のウォーキング対策 【リライト版】
  6. ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!
  7. とある日のウォーキング(競歩)の練習、それで分かったこと
  8. ウォーク(ウォーキング)時速8㎞が続かない方へ
PAGE TOP