ブログ

ウォーキングのために。スピードを出すための、「膝」の極意を100m競争から学ぶ

まずは、この動画を見て下さい

https://youtu.be/Sg1fyPh294w

100m競争の桐生選手の走りです。

横からのスロー再生ですが、

 

膝の動きをみると、着地の衝撃に負けて膝が沈み込む(曲がる)ことなく

そのまま足を後ろに引いている(蹴っている)のが分かります

 

周りを走る選手も同様な走り方をしているのが分かります。

 

短距離だから、、、っと思われるかもしれませんが

 

競歩はそもそも膝を曲げてはいけないルールです

ですが、時速15㎞以上(4分/㎞)で「歩き」ます。

 

陸上競技から「速さ」を学ぼうとするのであれば

どのように膝を使えばいいか?

ウォーキングであったとしても

 

自ずと分かってくると思います。

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 擬音で表現して相手に伝えるために
  2. フォーム重視で歩いてみた、東京エクストリームウォーク42.195…
  3. ナイキの厚底シューズのウォーキングや競歩での威力を探る
  4. ウォーキングをしていてフラつく!バランスを安定させよう!
  5. 100kmウォーク 初心者におススメしたい、大会1週間前のコンデ…
  6. WEB競歩講習会 2日目 参加者からのお声
  7. ポーランドの選手が実践した気温30度で30kmを歩き切る給水方法…
  8. 100kmウォークでマメが出来て足が痛くなった時、どうする?
PAGE TOP