BLOG

ウォーキングブログ

とある日のウォーキング(競歩)の練習、それで分かったこと

無料WEB講習会やります

無料ZOOM講習会 心拍数を活用したトレーニング(基礎編)

昨日のブログの続きと思って読んでください

自分の状態を探るためのトレーニングをしたときの

スピードのグラフです

 

 

 

 

もちろん、ずっと歩き(競歩)です。

 

最初はのんびり歩いていたつもりですが、意外に速く5’30/㎞くらいで10分程度

そして、ギザギザがグラフで見えますが、これは短い距離の坂ダッシュ

坂ダッシュを終えた後に、ゆっくりと5㎞を歩く(あんまりゆっくりになりませんでしたが)

 

その後、100mを10本やろうと思ったら、グラフのギザギザを数えると9本しかやってませんでした(苦笑)

 

しかし、この練習で、どのタイミングで、どんな心拍数だったか?

それがよく分かり自分の弱点が明確になりました。

 

実際に、その次に行ったトレーニングでは最大心拍数を上げることができました。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 皆さんのウォーキングに目標を持たせてくれる!テン6ウォーク、ただ…
  2. 「競歩」をすると心拍数はどれぐらい上がるのか?
  3. 世界陸上ドーハ大会 競歩史上初 女子20km競歩W入賞 金メダル…
  4. 塩谷にて講習会をしてきました!
  5. 勝てば天国、負ければ地獄 MGCが近づいてきています
  6. 箱根駅伝から学ぶ 強い者が「強い」では無く、勝った者が「強い」
  7. テン6ウォーク 2021年7月開催
  8. #Voicy 肘は曲げるべき、伸ばすべき?
<<
PAGE TOP