ブログ

ウォーキング や 競歩でつま先を意識した身体に無駄な力を入れない方法

つま先まで重心が抜けていく感覚

これは、ウォーキングでも、競歩でも

大切な感覚です。

競歩だと、どちらかの足が必ず地面に接地してなければいけない

というルールがあるので、

長く地面に接地していることは決して悪いことではありません

そして、つま先で重心が抜けていく感覚で

ウォーキングをすればつま先を使って蹴る

ということがやり難くなります。

蹴るという動作をするには

重心が抜ける前にしなければいけないからです。

 

腓腹筋(ふくらはぎ)を過度に使う歩き方を

勧めていないので、

つま先に重心が抜けていくと言う感覚は

それを防ぐためにも大切です

 

では、どうすれば良いか?

つま先で地面を蹴るのでは無く、押すイメージだと

重心がつま先まで意識出来やすいので

その感覚をお勧めしてます

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを向上させるトレーニング方法② 自分のウォーキングフ…
  2. 動画付き講習会を終えて感じたこと
  3. 寒くなってきました、ウォーキングで身体を温める。。。には。
  4. 60歳代でもフォームが変わる!歩幅が5㎝伸びた!そのキッカケとは…
  5. パーソナル指導をして想うこと
  6. ジョグ歩とウォーキングの違い
  7. ふくらはぎ、を 細くする ウォーキング フォーム
  8. ウォーキング 競歩 でフォームをチェックするときはスローで見るべ…
PAGE TOP