BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング や 競歩でつま先を意識した身体に無駄な力を入れない方法

つま先まで重心が抜けていく感覚

これは、ウォーキングでも、競歩でも

大切な感覚です。

競歩だと、どちらかの足が必ず地面に接地してなければいけない

というルールがあるので、

長く地面に接地していることは決して悪いことではありません

そして、つま先で重心が抜けていく感覚で

ウォーキングをすればつま先を使って蹴る

ということがやり難くなります。

蹴るという動作をするには

重心が抜ける前にしなければいけないからです。

 

腓腹筋(ふくらはぎ)を過度に使う歩き方を

勧めていないので、

つま先に重心が抜けていくと言う感覚は

それを防ぐためにも大切です

 

では、どうすれば良いか?

つま先で地面を蹴るのでは無く、押すイメージだと

重心がつま先まで意識出来やすいので

その感覚をお勧めしてます

Follow me!

関連記事

  1. 夏の時期、雨の日のウォーク&ラン 実は一番気をつけなければいけな…
  2. 骨盤を柔軟に動かすために意識すべきこと
  3. どんなウォーキングコースを、歩いてますか?ウォーキング初心者もス…
  4. #ウォーキング で #サブ5 を目指そう! #初マラソン 走った…
  5. ウォーキングの歩き始めの「一歩目」の作り方
  6. 時速7㎞を心拍数100前後でウォーキング
  7. 東京五輪マラソン東京コース 4時間46分01秒で歩く 装備&給水…
  8. ウォーキングで「足裏が疲れる」という方へ 総集編
<<
PAGE TOP