BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングや競歩で「きつい」「疲れた」と感じたとき、メンタル的にしたいこと

気持ちは、タイムを左右します。

ウォーキング や競歩をしていて、「きついなぁ」「疲れたなぁ」

っと思う事はもちろんあるでしょう。

 

そうなると、歩くのをゆっくりにしたり、休んだりすることもあるでしょう

もちろん、健康のためであれば無理をする必要はないので、自分の心の声のまま

休むのは大切なことです。

とくにウォーキングを始めたばかり、という方は無理をするのはよくありません。

 

ただ、100㎞ウォークや速く歩く、という目的の方であれば

きついと感じたとき、疲労を感じたときに、

ペースを落としたり、休んでしまうと、

タイムが落ちてしまったり、完歩できなくなります。

 

パーソナルでは心拍数を指標にしてトレーニングをよく行いますが

同じ方でも、同じ心拍数でトレーニングをしていても

日によって、「きつい」と感じたり「楽だ」と感じたりします。

いろんな要素はありますが、気持ちでキツイと思うと、楽なものもきつくなるので

本当に不思議です。

 

では、そんなときどうすれば良いか?

「本当に疲れたのか?」「本当にキツイと思っているのか?」

そのことを疑います。

「こんなにたくさん歩いたのだから疲れたろう」

「こんなに速いペースだからきついだろう」

案外、思いこみでキツイと感じていることは多いです。

 

それでもキツイと感じるときは、身体をスキャンします。

つま先から頭の先まで、疲労している箇所をじっくりと探します。

そして、きついと感じてる筋肉の場所が見つかったら、その場所をリラックスするように心がける

 

シンプルなことですが案外効果があります。

 

Follow me!

関連記事

  1. 「#跳ばないように歩く 」ために意識したいこと #ウォーキング
  2. #Voicy 自分の歩く姿を観察しよう! 速く歩く人ほど見てみた…
  3. ウォーキングでのカーブの曲がり方
  4. Voicyの活用の仕方 #ウォーキング のときのお供に!
  5. 競歩でフォームの感覚が狂ったとき(不調になった)、心がけたいこと…
  6. 100㎞ウォーク完歩! しおや100㎞ウォーク12時間台(ご本人…
  7. ウォーキング 腕振り 肘を曲げる 肘を伸ばす メリット デメリッ…
  8. 歩いて【マラソンのサブ6】を狙う、ウォーキングトレーニングの〈第…
<<
PAGE TOP