ブログ

ウォーキングや競歩で「きつい」「疲れた」と感じたとき、メンタル的にしたいこと

気持ちは、タイムを左右します。

ウォーキング や競歩をしていて、「きついなぁ」「疲れたなぁ」

っと思う事はもちろんあるでしょう。

 

そうなると、歩くのをゆっくりにしたり、休んだりすることもあるでしょう

もちろん、健康のためであれば無理をする必要はないので、自分の心の声のまま

休むのは大切なことです。

とくにウォーキングを始めたばかり、という方は無理をするのはよくありません。

 

ただ、100㎞ウォークや速く歩く、という目的の方であれば

きついと感じたとき、疲労を感じたときに、

ペースを落としたり、休んでしまうと、

タイムが落ちてしまったり、完歩できなくなります。

 

パーソナルでは心拍数を指標にしてトレーニングをよく行いますが

同じ方でも、同じ心拍数でトレーニングをしていても

日によって、「きつい」と感じたり「楽だ」と感じたりします。

いろんな要素はありますが、気持ちでキツイと思うと、楽なものもきつくなるので

本当に不思議です。

 

では、そんなときどうすれば良いか?

「本当に疲れたのか?」「本当にキツイと思っているのか?」

そのことを疑います。

「こんなにたくさん歩いたのだから疲れたろう」

「こんなに速いペースだからきついだろう」

案外、思いこみでキツイと感じていることは多いです。

 

それでもキツイと感じるときは、身体をスキャンします。

つま先から頭の先まで、疲労している箇所をじっくりと探します。

そして、きついと感じてる筋肉の場所が見つかったら、その場所をリラックスするように心がける

 

シンプルなことですが案外効果があります。

 

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩く、ために「上下動を無くす」ということがどれぐらい大切か?…
  2. 一般的なウォーカーは膝を伸ばすのが苦手ですが、伸ばした方がメリッ…
  3. ウォーキングで速く歩けた時に、感じる感覚
  4. ポーランドの選手が実践した気温30度で30kmを歩き切る給水方法…
  5. WEB講習会、無事に終了!
  6. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  7. 体幹トレーニングとしての「競歩」の活用
  8. ナイキの厚底シューズのウォーキングや競歩での威力を探る
PAGE TOP