ブログ

雨の日のウォーキング対策 【リライト版】

梅雨のシーズンに入りました!

せっかくウォーキングしよう!と決めても雨の日が続き、それでもウォーキングしたい!と思う方もいるでしょう。

では、どんな準備をすれば良いか?

・雨合羽
傘を差すのはお勧めしません。どうしても片手が塞がります。
腕も振れなくなるので安いものでも良いので合羽を着ましょう。
お勧めは「ポンチョ」
上から被るだけですが、丈は短いですが背中のリュックまで覆ってくれるので便利です

・帽子
顔に雨が当たるのは、不快ですし頭が濡れると身体が冷えます。
つば付きのキャップをかぶって合羽のフードをかぶると良いです。

・雨用のシューズカバー
山登り用で売られています。これがあれば良いですが、かなり仰々しい感じに
少々の雨なら、シューズに防水スプレーをしっかりと巻くのは「それなりに」効果があります。
ただ、水溜りに入ってしまったり、長時間のウォーキングではまったく効果を感じられません

・インナーはドライフィット(揮発性の高いウェア)
合羽で歩くとどうしても熱が籠り、汗が出やすくなります。
不快感を防ぐためにも、必須です。長袖は気温が低くても避けたほうが良いと思います。
濡れている部分が皮膚に触れると、どうしても熱を奪います。

雨の日にロングウォーク(1時間以上のウォーキング)はしないと思いますが
ロングウォークをする場合は、着替えやそれを入れるリュック、リュックが濡れないためのリュックカバーも必要になります。
ウォーキングをする日が雨だと分かっているのであれば
上記のものに前日防水スプレーを一通り掛けておくとよいでしょう!
あ、もちんろんインナーには掛ける必要は無いので、ご注意を。

スタートゴールが家であれば、極力着ない。
つまり、ランシャツ・ランパンと帽子だけ。つまりドライフィット系の生地の半ズボン・Tシャツだけを着て
せいぜい上からポンチョぐらい。
濡れる前提でウォーキングをしにいく、ということです。
気温が低くなければ、このやり方も快適です。

Follow me!

関連記事

  1. 動画付き競歩講習会in代々木公園 2019年12月
  2. 熱中症対策をしっかりと!2017年度版ですがしっかりと参考にして…
  3. ウォーキング 競歩でリラックスして足を前に振出す
  4. 延期を前向きにとらえたい、、、「2020+1 東京日本五輪」
  5. ウォーキングをしていてフラつく!バランスを安定させよう!
  6. マスターズ陸上、競歩に出るなら必ず自分の眼でご自身のフォームを確…
  7. フォームは体型を作る、体型はフォームの履歴書
  8. どんな「がん」の予防にウォーキングは役立つのか
PAGE TOP