ブログ

ウォーキングをスポーツとして発展させるために!

ウォーキングplus競歩のイベントにご参加される方に

こんな提案を頂きました。

  • 前述のウォーキング大会以外に、ウォーキング大会を開催する方法として、「ウォーキング大会を既存のマラソン大会と同じ場所で同時に開催する」というアイデアは如何? 具体的な要領は下記の通り。
  • ウォーキングの距離は30kmとする。
  • ウォーキングの部門は「WALK DON’T RUN部門」と呼ぶことにする。(マラソンとは別のカテゴリーだというメッセージを込めている。最終ページもご参照)
  • コースはフルマラソンのコースを使い、スタート地点はゴールから残り30kmの地点とする。(ウォーカーはスタート前に、フルマラソンの集合場所からスタート地点までバスで運ぶ)
  • スタートはフルマラソンと同時スタートとする。
  • 制限時間はフルマラソンと同じとする(6時間あるいは7時間)。
  • WALK DON’T RUNのルールは、・・・・これから考えよう!
  • ウォーカーには「WALK DON’T RUN」と描かれたゼッケンを付けてもらう。そうすれば、もし走っていたら、「お~い、走ったらあかんで」と沿道の応援者から声をかけてもられるだろう!
  • 距離を30KMとした理由は、ウォーカーが、体力が同レベルのランナーと同レベルのタイムでゴールできるから。時速5キロなら制限時間の6時間でゴール(7時間なら時速4.3キロ)
    時速6キロなら5時間でゴール(週末ランナーの目標のサブ5)
    時速7~8キロなら4時間前後でゴール(市民ランナーの目標のサブ4)
    時速10キロなら3時間でゴール(アスリートランナーの目標のサブ3)
    競歩競技者なら2時間半前後だろうから、トップランナーとゴールを競える!
  • 既存のマラソン大会との同時開催なら、ゼロからウォーキング大会を立ち上げるより容易であるし、ランナーやマラソンの応援に来た人達に競歩(速歩)を知ってもらう何よりの機会になるだろう。
  • マラソン大会の主催者側からみても、マラソンとウォーキングの同時開催は、他の大会との差別化や集客という観点から、ウェルカムかもしれない多くの皆さんのお知恵を借りながら、スポーツとしてウォーキングを皆さんに親しんでもらうこと

    広げて行きたいと思います!

    多くの皆さんからのご提案・ご提言、有難い限りです。

    これからも、建設的なご意見ご提言、宜しくお願い致します。

    Nさん!アップするのが遅くなりましたが、

    ご提言ありがとうございました!

Follow me!

関連記事

  1. はくほう に想う
  2. なぜ、インナーマッスルが重要と言われるのか?
  3. ウォーキング ランニングでフォームの左右差に気が付きにくい理由
  4. 競歩 ( フォーム動画)が 体幹 のトレーニング になり、柔軟に…
  5. 20㎞競歩日本のエースが海外での初表彰台で見せた可能性と課題
  6. 100kmウォーク 11時間台はすぐそこまで来ています
  7. 動画付き競歩講習会in大阪 2020年2月
  8. 東京エクストリームウォーク 膝の骨折経験があっても20時間でゴー…
PAGE TOP