ブログ

アスリートが好条件でレースが出来ることなんてほとんどない。だからこそ、アスリートが発信出来ることがある。

選手は、基本的に「好条件」でレースをすることは少ないです。

長距離種目であれば涼しく、風が無いの良い条件で

自分と同じペースで走る選手が多ければ

着いて行って周りの選手を使って無駄なスタミナロスを

防げるのが理想ですが、そんな好条件でのレースは

年に1回出来れば良い方です。

 

だからこそ、良い条件が揃ったときに

しっかりと決め切るっという力を出せるのか?

はとても重要な強い選手の素養でしょう。

 

いつも悪条件でレースをすることが多いアスリート達

だからこそ、メンタルが強くなければならないし

「不動心」、動じないで実力を出し切ることがとても大切です。

 

今は社会的にもとても苦しい時期に選手たちはレースをしています。

逆境っといっても良いでしょう。

そんな中でも「力を出し切る」

そんなレースををすることが、今、選手たちに唯一出来ること。

 

世界中の人々が今、「逆境」の中にいます。

逆境の中で挑戦する姿を発しし続けて欲しいと思います

受け取ってくれる人は必ずいると信じて。。。

Follow me!

関連記事

  1. 塩谷 の想い 大会は主催者と参加者、両方の想いがつくるもの
  2. スポーツ楽しむって、いろいろな価値観の中にあります
  3. 競歩講習会をチャリティーイベントとしておこないます!
  4. 対談!最終回!!トレーニングで大事なこと、100㎞ウォーク開催す…
  5. 運動生理学者の嘆き
  6. 初心者こそ ウォーキング・競歩で、動画を撮りたい理由
  7. 肌寒くなってきた、この時期にまずは軽いウォンドブレーカーを揃えよ…
  8. 骨粗鬆症 のために ただウォーキングをすれば良いということではな…
PAGE TOP
PAGE TOP