ブログ

アスリートが好条件でレースが出来ることなんてほとんどない。だからこそ、アスリートが発信出来ることがある。

選手は、基本的に「好条件」でレースをすることは少ないです。

長距離種目であれば涼しく、風が無いの良い条件で

自分と同じペースで走る選手が多ければ

着いて行って周りの選手を使って無駄なスタミナロスを

防げるのが理想ですが、そんな好条件でのレースは

年に1回出来れば良い方です。

 

だからこそ、良い条件が揃ったときに

しっかりと決め切るっという力を出せるのか?

はとても重要な強い選手の素養でしょう。

 

いつも悪条件でレースをすることが多いアスリート達

だからこそ、メンタルが強くなければならないし

「不動心」、動じないで実力を出し切ることがとても大切です。

 

今は社会的にもとても苦しい時期に選手たちはレースをしています。

逆境っといっても良いでしょう。

そんな中でも「力を出し切る」

そんなレースををすることが、今、選手たちに唯一出来ること。

 

世界中の人々が今、「逆境」の中にいます。

逆境の中で挑戦する姿を発しし続けて欲しいと思います

受け取ってくれる人は必ずいると信じて。。。

Follow me!

関連記事

  1. 骨粗鬆症 のために ただウォーキングをすれば良いということではな…
  2. 日本選手権100m!9秒台を持っていないからこそ勝てた多田選手 …
  3. 東京エクストリームウォーク 雨の日チャレンジはできれば避けたい
  4. 「認知症にさせない」ために、声を掛けて一緒に歩こう!
  5. ダイエット ウォーキングは 痩せない けど、「競歩の歩き方」は痩…
  6. 前の会社の元同僚が、TV画面で涙を流す姿を見て想う
  7. ウォーキング ランニングでフォームの左右差に気が付きにくい理由
  8. 上級 救命講習を受講!
PAGE TOP
PAGE TOP