ブログ

今のウォーキングフォームが本当に身体を上手に使えているのかどうかを簡単に知る方法

当たり前ですが、

スピードが速くなれば、心拍数が上がります。

つまり、速く走れば走るほど心拍数は高くなります。

これは皆さんに実感があるでしょう。

 

つまり、速く走れるということは心拍数が上がるということです。

逆を言うと、「速く走れるから、心拍数を上げることが出来る」のです

 

ウォーキングで速く歩いても、ランニングほど心拍数が上がらない、という方は多いとも思います。

上記の理屈から言うと

「速く歩けるのであれば、心拍数を上げることを出来る」ということです

それは何を意味するかと言うと

「ウォーキングで心拍数を上げられいないのであれば、上手に歩けていない」

ということです。

 

競歩選手は、ランと同等の心拍数まで上がります。

 

ですから、皆さんも走ったときの心拍数とウォーキングでの心拍数が

同じくらいかどうか?、は重要な指標です。

もし、ランと同じくらいまで心拍数が上げられないのであれば

まだまだ、ウォーキングのフォームに改善の余地があるということなのです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
  2. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  3. 脳卒中(脳梗塞)で片麻痺(半身まひ)の方、ウォーキングトレーニン…
  4. 競歩初心者、競歩にやってみたい!思っている方への無料WEBイベン…
  5. 札幌で夏季オリンピック開催!?が濃厚 競歩・マラソンが東京を離れ…
  6. 2020年1月4日 100㎞ウォーク開催! UWTT(ウルトラウ…
  7. ウォーキングで上手に地面を蹴るために知っておきたいこと
  8. めざましTV、初出演 で想うこと
PAGE TOP