ブログ

今のウォーキングフォームが本当に身体を上手に使えているのかどうかを簡単に知る方法

当たり前ですが、

スピードが速くなれば、心拍数が上がります。

つまり、速く走れば走るほど心拍数は高くなります。

これは皆さんに実感があるでしょう。

 

つまり、速く走れるということは心拍数が上がるということです。

逆を言うと、「速く走れるから、心拍数を上げることが出来る」のです

 

ウォーキングで速く歩いても、ランニングほど心拍数が上がらない、という方は多いとも思います。

上記の理屈から言うと

「速く歩けるのであれば、心拍数を上げることを出来る」ということです

それは何を意味するかと言うと

「ウォーキングで心拍数を上げられいないのであれば、上手に歩けていない」

ということです。

 

競歩選手は、ランと同等の心拍数まで上がります。

 

ですから、皆さんも走ったときの心拍数とウォーキングでの心拍数が

同じくらいかどうか?、は重要な指標です。

もし、ランと同じくらいまで心拍数が上げられないのであれば

まだまだ、ウォーキングのフォームに改善の余地があるということなのです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 日本中に競歩を知ってもらう旅① 東北を北上中!
  2. フルマラソンで30㎞からペースアップ出来た理由
  3. 50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野…
  4. 30度以上の気温は原則としてウォーキングを止めるべき温度ですが、…
  5. 【レポート】2017年4月 ウォーキング講習会in浦和
  6. 疲れました。。。 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑦
  7. 地面に逃げられていませんか? ちゃんと地面を掴まえることが出来て…
  8. ウォーキング について東大教授と対談記事がアップされています!
PAGE TOP