ブログ

今のウォーキングフォームが本当に身体を上手に使えているのかどうかを簡単に知る方法

当たり前ですが、

スピードが速くなれば、心拍数が上がります。

つまり、速く走れば走るほど心拍数は高くなります。

これは皆さんに実感があるでしょう。

 

つまり、速く走れるということは心拍数が上がるということです。

逆を言うと、「速く走れるから、心拍数を上げることが出来る」のです

 

ウォーキングで速く歩いても、ランニングほど心拍数が上がらない、という方は多いとも思います。

上記の理屈から言うと

「速く歩けるのであれば、心拍数を上げることを出来る」ということです

それは何を意味するかと言うと

「ウォーキングで心拍数を上げられいないのであれば、上手に歩けていない」

ということです。

 

競歩選手は、ランと同等の心拍数まで上がります。

 

ですから、皆さんも走ったときの心拍数とウォーキングでの心拍数が

同じくらいかどうか?、は重要な指標です。

もし、ランと同じくらいまで心拍数が上げられないのであれば

まだまだ、ウォーキングのフォームに改善の余地があるということなのです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 16回テン6ウォーク無事に終了!
  2. LT値(乳酸性作業閾値)を知ることは自分を知ること
  3. 競歩でスピードを出すのは気持ちがいい、時速15kmで200m歩い…
  4. ウォーキングを向上させるトレーニング方法④ ゆっくりウォーキング…
  5. 慢性的な痛み、との付き合い方
  6. ウォーキング や 競歩で左右のバランスが悪い時に確認すべきこと
  7. 暑いからこそ、気を付けなければいけないこと
  8. メール通信トレーニングの始めた理由
PAGE TOP