ブログ

パーソナルトレーニングで驚かれること

パーソナルをしていて、良く言われるのが

・スピードが出ている気がしない

・歩幅が短くなって、なんだか前に進んでいる気がしない

この2つは良く言われます。

 

どうも皆さん、速く歩くのに力を使う必要があると思うらしく

力を使わずに、身体を上手に使うことを最初にやるので

イメージと違って面食らう感じです。

 

もっと皆さんがビックリするのは

スピードが出ていないと感じても

GPSでリアルタイムで速度を確認すると、まったく遅くなっていない

むしろ速くなっている

動画をその場で撮ってフォームを見てもらうと

まったく歩幅が狭くなっていない。

 

そのことに更にビックリします。

 

どうしても自分の今までの感覚を信じてやっているので

速くなるという事は、楽をすることでは無く

もっと力を入れて歩幅を広くする

一生懸命腕を振る。ということ。

 

どうしても、そういう感覚を信じてしまいます。

 

しかし、そうじゃない世界もある

力を抜ていも、速くなれるということを知って欲しいです

 

Follow me!

関連記事

  1. わざわざ一歩一歩に、ブレーキを掛けながらウォーキングやランニング…
  2. ものとごとが上達する思考 とは?
  3. 元五輪競歩選手が教える ウォーキング 競歩 の技術 膝下を振出せ…
  4. 変形膝関節症でも、ウォーキングをすることで。。。
  5. 脳梗塞 半身麻痺からのウォーキング ②
  6. 足には左右差がある、のは普通の事です。
  7. 競歩は 脚線美作り ウェストを細くする 最適な エクササイズ
  8. 自分の感覚を「言語化する」ためのポイント
PAGE TOP