ブログ

パーソナルトレーニングで驚かれること

パーソナルをしていて、良く言われるのが

・スピードが出ている気がしない

・歩幅が短くなって、なんだか前に進んでいる気がしない

この2つは良く言われます。

 

どうも皆さん、速く歩くのに力を使う必要があると思うらしく

力を使わずに、身体を上手に使うことを最初にやるので

イメージと違って面食らう感じです。

 

もっと皆さんがビックリするのは

スピードが出ていないと感じても

GPSでリアルタイムで速度を確認すると、まったく遅くなっていない

むしろ速くなっている

動画をその場で撮ってフォームを見てもらうと

まったく歩幅が狭くなっていない。

 

そのことに更にビックリします。

 

どうしても自分の今までの感覚を信じてやっているので

速くなるという事は、楽をすることでは無く

もっと力を入れて歩幅を広くする

一生懸命腕を振る。ということ。

 

どうしても、そういう感覚を信じてしまいます。

 

しかし、そうじゃない世界もある

力を抜ていも、速くなれるということを知って欲しいです

 

Follow me!

関連記事

  1. 延期を前向きにとらえたい、、、「2020+1 東京日本五輪」
  2. ウォーキングの身体使い方 NHK‐BS1で放送
  3. 競歩 ウォーキングで「骨盤を立てる」ことがなぜ大事なのか?
  4. 今年読まれたblog記事第3位は! 今年良く読まれたブログベスト…
  5. ロンドンより、明日一旦帰国します。
  6. ウォーキング 追加装備したい冬の必需品2品とは
  7. 明日は五輪開会式、本来は、、、
  8. 変形膝関節症でも30㎞を歩けるのです 65才女性
PAGE TOP