ブログ

ランとウォーキング 手越君との競争から

 

いつも講習会で説明してるのが

ランとウォーキングでの1番の違いは、「跳ぶ」「跳ばない」です。

手越君の走りを見ると、ランは飛ぶので足の軌道が前に出すときに

上から下に落とす、という軌道になります。

しかし、私の場合は歩いているので足の軌道が下から前に振出す軌道です。

低いところから足が出るので、着地の衝撃がほとんどありません。

 

そして、頭の位置を見てみても、手越君は上下に揺れていますが

私の場合はほとんど頭の位置が一定なのが分かります。

重心が大きくぶれないので、体幹を鍛えて一定にする必要が

競歩(ウォーキング)の方が必要になります。

 

腕振りのピッチ(回転数)も明らかに私の方が速いです。

跳べない分、ピッチでスピードを作るのでやはり競歩の方が

ランと同じスピードとなると必然的にピッチは速くなります。

 

さて、そんな視点でこの動画を楽しんでみて下さい

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 今年1番読まれたブログ(本当は1番じゃないけど) リライト版 時…
  2. 痛みから知ろう!
  3. なんとか四半期のスケジュールを立てました!
  4. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
  5. 競歩 を知ってもらうための中国の取組では、審判がバイクのサイドカ…
  6. 地面に逃げられていませんか? ちゃんと地面を掴まえることが出来て…
  7. 腕振りの無くて七癖、腕振りは左右バランスよく振りたい
  8. 身長の高さはウォーキング 競歩でのパフォーマンスを決定づける要因…
PAGE TOP
PAGE TOP