ブログ

ランとウォーキング 手越君との競争から

 

いつも講習会で説明してるのが

ランとウォーキングでの1番の違いは、「跳ぶ」「跳ばない」です。

手越君の走りを見ると、ランは飛ぶので足の軌道が前に出すときに

上から下に落とす、という軌道になります。

しかし、私の場合は歩いているので足の軌道が下から前に振出す軌道です。

低いところから足が出るので、着地の衝撃がほとんどありません。

 

そして、頭の位置を見てみても、手越君は上下に揺れていますが

私の場合はほとんど頭の位置が一定なのが分かります。

重心が大きくぶれないので、体幹を鍛えて一定にする必要が

競歩(ウォーキング)の方が必要になります。

 

腕振りのピッチ(回転数)も明らかに私の方が速いです。

跳べない分、ピッチでスピードを作るのでやはり競歩の方が

ランと同じスピードとなると必然的にピッチは速くなります。

 

さて、そんな視点でこの動画を楽しんでみて下さい

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 九州の100㎞ウォークで15時間台で歩かれた方がパーソナルを受講…
  2. 東京五輪 競歩TV解説します! 三大会連続 五輪参加決定しました…
  3. メキシコ大地震に想う
  4. 世界競歩チーム選手権の金メダルを手にしました!
  5. UWTT2020 無事に終了
  6. 競歩式最強ウォーキング廉価版について 在庫がわずかになってきまし…
  7. アマチュアスポーツの「叩き方」は難しいです。。。
  8. 第45回 全日本競歩20km能美大会 男子20kmレビュー
PAGE TOP
PAGE TOP