ブログ

日本選手権100m!9秒台を持っていないからこそ勝てた多田選手 陸上競技は面白い!!!

100m男子決勝は、雨が降り難しいレースとなりましたが

多田選手が勝ちました。

9秒台のタイムを持つ選手は、山縣選手の3位がやっと。

 

=速い選手が、強い選手ではない=

陸上競技の神髄を見たようなレースでした。

 

個人的な見解で解説すると、

山縣選手はスタートが良すぎた印象です。

結果、早い段階で勝ちたいという気持ちが強くなりすぎて

フォームに力みが生まれ中盤から後半はガタガタでした。

これはきっと自覚があると思います。

 

桐生選手はアキレス腱の怪我の不安が最後まで呪縛となって

動きのスムーズさを欠けさせてしまいました。

9秒台が4人のハイレベル、不安要素を抱えてはやはりネガティブな心理が身体を固くしました。

 

サニブラウン選手は実戦不足が響いた感じです。

日本であと1戦でも戦っていれば、少なくとも3位以内には入れそうでした。

 

小池選手は、多田選手同様この決勝に賭けていたと思いますが

準決勝から思うようなタイムが出せいなく、8レーンでのレースとなり

調子があまりよくなかったでのしょう。

 

日本選手権ずっと見てましたが

リズムよくいろんな種目に変わり見ていて飽きず

選手心理が良く見えるのは、見ていて楽しかったです。

 

ですが、もちろん一番面白いのは競歩ですが(笑)

Follow me!

関連記事

  1. アメリカのマスターズ陸上競歩 動画
  2. 1キロウォーキング、全力で「歩く」と所要時間は、どれぐらい?
  3. ウォーキング 初心者は簡単だが、上級者には難しいこと。
  4. 歩けなくなったこと、ありますか?
  5. 放送席から見た東京五輪 競歩中継裏話 無料youtube配信 8…
  6. スポニチフォーラムにパネリストとして参加してきました!
  7. 骨盤を安定させると「脚」が楽になる 60代女性 変形膝関節症の方…
  8. 【ウォーキング】理学療法士さん、作業療法士さんとウォーキングのレ…
PAGE TOP
PAGE TOP