ブログ

今年1番読まれたブログ(本当は1番じゃないけど) リライト版 時速7㎞でウォーキングすることを目指そう! 超初心者のためのウォーキングコラム

アシックス スポーツ工学研究所が

時速7kmで歩くことの有用性を本にしました

このサイトでも紹介されています

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67433

 

かつて競歩専用シューズを作っていただけに素晴らしい内容だと思います

ウォーキングレーサーTS、幻過ぎてネットで検索掛けてもまったくヒットしませんでした(笑)

ヨーロッパの選手が好んで履いてました。

 

ただ、P2にある「さぞかし選手たちは、走り出したい誘惑と戦っている」との記述は誤解があります。

走りたい!っと思っている競歩のトップ選手は皆無でしょう。

だって、走ったら自分たちの「歩いている」というアイデンティティー(存在意義)を

自ら放棄することですからね。

走りたい!っと思うなら最初から競歩は選びません

 

健康を意識する70代前後の方に注目して欲しいのは

「少なくとも時速7キロで歩けるうちは、支援・介護が必要な状態からは離れていられるはずです。」

っということです。

通常の歩行スピードは時速5㎞前後。

年齢とともに歩くスピードは落ちて、時速3㎞前後で歩く高齢者は珍しくありません。

 

速く歩くことが出来てば、筋力が維持できて、心肺機能も落ちにくい

 

速く歩くことがいつまで続けることができるか?

これが、健康でい続けるためのポイントであり

逆に言うと、速く歩くというトレーニングをすることが健康のためのトレーニングになる!

ということです。

 

時速7kmは歩き方さえ気をつければ、決してそんなに速くはないです。

8’34/kmです。

通常ウォーキングが時速6kmぐらいで10分/kmなので、そこから1分30秒速いのは

身構える方もいるかもしれません。

 

しかし、ウォーキングのパーソナルコーチとして

背が小さくても、変形膝関節症でも、8分/kmくらいで歩く方を多くサポートしてきている身としては

やはり時速7kmのウォーキングを難しいとは言い難いです。

そして、70代でも時速8㎞で10㎞は歩けます。

 

難しくしているのは、「独学で力任せで歩く」から、原因は明確です。

力任せで歩いているうちは、ある程度の距離は歩けても長い距離は難しく

終わった後に、足を痛めているなんて場合もあるでしょう

 

ですが、時速7㎞で歩くことには挑戦してみましょう

その練習が出来ているうちは、脚筋力も衰えないし

少なくとも自分の脚で、しっかり歩けているという事ですから!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. TJARが台風の影響で中止に! 2年に1回、日本を自力で縦断する…
  2. 運動経験なく初マラソンで4時間35分への道のり
  3. ウォーキングだけしかやらないと、筋トレをしている人より早く歩けな…
  4. 運動初心者が 痩せるなら ウォーキング? ランニング?
  5. ウォーキングの時に、重りを付けて「筋力トレーニング」も同時におこ…
  6. 50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野…
  7. WEB講習会 6月開催 2日目の本講習を終えて移動中
  8. ウォーキングで、、、怪我がちの方へ 気を付けたいこと
PAGE TOP
PAGE TOP