ブログ

お腹を使って歩こう!!!

速く、楽に、歩くには

走れない訳ですから、前に進むのに「跳ぶ」ことはできません。

ブログでも良く書いていることです。

 

如何に全身を使って歩くのか?が大事なポイントです。

そうなるって来ると、上半身と下半身を使うことになる

その要となっているのは。。。「腰」です

 

まさに感じの通り、要です。

 

しかし、その腰自体は実は大きく動かせるものでは無く

腰椎で動かせるの範囲は大きくありません

胸椎という胸の関節を動かすからこそ、腰の関節が連動して動くのです。

 

力任せに速く歩くなら、正直どんな歩き方でも良いでしょう

しかし、「楽に」という言葉つけるなら

腰椎と胸椎は上手に使えないと「楽に」は生まれることはありません。

 

胸椎と腰椎、これをしっかりと連動させて歩く

そうなるとこの2つの関節の間にある「お腹」がとても大事なのが分かります

 

お腹、上手に使って歩いてますか?

 

競歩の技術を活用した!ウォーキング講習会

Follow me!

関連記事

  1. 10㎞をウォーク、速く歩くためにバリエーションをつけて歩く その…
  2. 【座学】ウォーキング講習会in大岡山
  3. ウォーキング 掌(手のひら)は握るべき?開くべき?
  4. 多摩川駅初開催!初級者歓迎 元五輪選手から論理的に学ぶウォーキン…
  5. 福岡 大濠公園で8月30・31日、パーソナルウォーキング受付けま…
  6. 競歩 の ウォーキング ドリルトレーニング① 骨盤 に柔軟性向上…
  7. 速くウォーキングするときのフォームと、ゆっくりウォーキングすると…
  8. 明日は、無料WEB競歩初心者レクチャー
PAGE TOP