ブログ

お腹を使って歩こう!!!

速く、楽に、歩くには

走れない訳ですから、前に進むのに「跳ぶ」ことはできません。

ブログでも良く書いていることです。

 

如何に全身を使って歩くのか?が大事なポイントです。

そうなるって来ると、上半身と下半身を使うことになる

その要となっているのは。。。「腰」です

 

まさに感じの通り、要です。

 

しかし、その腰自体は実は大きく動かせるものでは無く

腰椎で動かせるの範囲は大きくありません

胸椎という胸の関節を動かすからこそ、腰の関節が連動して動くのです。

 

力任せに速く歩くなら、正直どんな歩き方でも良いでしょう

しかし、「楽に」という言葉つけるなら

腰椎と胸椎は上手に使えないと「楽に」は生まれることはありません。

 

胸椎と腰椎、これをしっかりと連動させて歩く

そうなるとこの2つの関節の間にある「お腹」がとても大事なのが分かります

 

お腹、上手に使って歩いてますか?

 

競歩の技術を活用した!ウォーキング講習会

Follow me!

関連記事

  1. フォームは体型を作る、体型はフォームの履歴書
  2. 動画付き競歩講習会in代々木公園 2019年12月
  3. UWTTのお申込みはお早めに!
  4. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
  5. 100kmウォーク 練習会に講師で参加してきました@塩谷
  6. 歩いて走る人を抜くために必要なこと
  7. ウォーキング や 競歩 でフォームを意識して修正することが、どん…
  8. 金メダリストって、どんな人だと思いますか?
PAGE TOP