ブログ

競歩は身長の高い方が有利か! その意識を打ち破った女性アスリート、シドッティ

イタリアにシドッティという選手がいました

Annarita SIDOTI

身長は150㎝、周りの選手から比べると身長がずいぶん低いのが分かります。

自分よりも大きな選手を置き去りにしていく姿は圧巻です。ただただカッコいい!

 

速い=走っている、ではありません。

ちゃんと歩くというルールがあり、そのれに則って歩いています。

 

「走り」の場合は、ゆっくりでも走っていれば、走っているようにしか見えませんが

競歩であれば、ゆっくりで「歩いているように見える」の当然で

それが速くなっているだけの話なのです

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩式最強ウォーキング廉価版を読んで100㎞&マラソンに出場され…
  2. 大阪で 競歩(ウォーキングも可)講習会を開催します!
  3. ロンドンより、明日一旦帰国します。
  4. なぜ、ウォーキングジムパーソナルだと上達が速いのか?筋肉より先に…
  5. 50㎞競歩世界記録保持者が「金メダル」をとるために変えたこととは…
  6. 走ってはいけません。ウォーキング大会ですから。 東京エクストリー…
  7. 被災された皆様へ お見舞い申し上げます
  8. 20km競歩 能美大会が見せた20km競歩メダル獲得の可能性
PAGE TOP