ブログ

競歩は身長の高い方が有利か! その意識を打ち破った女性アスリート、シドッティ

イタリアにシドッティという選手がいました

Annarita SIDOTI

身長は150㎝、周りの選手から比べると身長がずいぶん低いのが分かります。

自分よりも大きな選手を置き去りにしていく姿は圧巻です。ただただカッコいい!

 

速い=走っている、ではありません。

ちゃんと歩くというルールがあり、そのれに則って歩いています。

 

「走り」の場合は、ゆっくりでも走っていれば、走っているようにしか見えませんが

競歩であれば、ゆっくりで「歩いているように見える」の当然で

それが速くなっているだけの話なのです

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで足の裏の「土踏まず」が痛くなる方へ
  2. 腕振りが苦手な職種
  3. 新型コロナウィルス、運動(ウォーキング)で免疫力を高める方法 な…
  4. ウォーキング 競歩で片脚に重心をしっかりと載せると起こる現象
  5. 東京マラソンで一番印象に残ったのは、大迫選手ではなく、高橋尚子さ…
  6. 30度以上の気温は原則としてウォーキングを止めるべき温度ですが、…
  7. 在宅ワークのため生活のリズムを作るために朝にトレーニングする方が…
  8. 100㎞でのペースや 糖の話の最終回(とりあえず)
PAGE TOP