ブログ

ウォーキングでスピードが落ち始める最初の兆候

速くウォーキングをしようと、スピードを出してリズムよく歩いているものの

徐々にスピードが落ちてくる、といことはウォーキング初心者はもちろん

ベテランウォーカーでもよくあることです。

 

実は、スピードが落ち始めるのにはその「兆候」があります

 

それは、、、歩幅(ストライド)が短くなることです。

回転数(ピッチ)が落ち始めて、スピードが落ちたと気が付いたときは

実はかなりのスピードの落ちた末期症状です

 

ではなぜ最初にストライドが狭くなるのでしょうか?

 

それは、ストライドを維持する方が筋力を使うからです。

ランニングと違って、常に片方の脚で交互に自分の脚で身体を支えるウォーキングでは

一歩で移動する距離が長ければ長いほど(つまり歩幅が広ければ広いほど)

片脚で体重を支える時間が長くなるので、筋力を使います。

 

だから、疲れてくると片足で自分の体重を支えられなくなり

同じ感覚で歩幅を広げているつもりでも、歩幅が短くなってくるのです。

 

多くの方は歩幅が短くなったことには、敏感に気が付けません

ピッチは維持できているので、スピード感は大きく変化しないので

「あれ、なんかペースが落ちている」っとなってしまうのです。

 

ペースが思うように上がらない、もしくは落ち始めたとき

まずはストライドを修正することを心がけましょう!

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・競歩の上達の極意の1つ、それは。。。
  2. 1kmをまずは10分で歩くことは、初心者ウォーカーもベテランウォ…
  3. ハンディを武器に変えることが出来るのが競歩の魅力
  4. 足には左右差がある、のは普通の事です。
  5. 腕を振ってるが進む感じがしない!という方へ
  6. 夏の時期、雨の日のウォーク&ラン 実は一番気をつけなければいけな…
  7. 8月26日開催 YouTube Live限定配信 競歩練習メニュ…
  8. ウォーキングのための腹筋をしよう!
PAGE TOP